実両親への快気祝い1

コンテンツ一覧

実両親への快気祝いに贈りたいプレゼントランキング

実両親への快気祝いに贈りたいプレゼントランキング

快気祝いは病気のお見舞いをくださった方にするお返しなので、実両親には贈らなくても良いという考えもあります。独身の方なら構いませんが、既婚の方は配偶者と実両親の関係にも配慮をして快気祝いは贈った方が良いでしょう。実両親は遠慮もあり、高級なギフトを好まない傾向もありますので、値段がわからないカタログギフトを選ぶのも良いでしょう。感謝の気持ちを込めて品物を選びたい方は、もらって嬉しい品物のランキングを参考にしましょう。ランキングで上位に入るのは、少し高級な日用品もありますし、カタログギフトもランクインしています。快気祝いを探しているときに実両親から、贈らないように言われることがあります。その場合は快気祝いを贈るのは遠慮した方が良いでしょう。健康な姿を見せるのも、病気見舞いに対するお礼になります。本来の快気祝いは、元気になったことをお披露目する宴として食事会をするものでしたので、快気祝いをお断りされたら祝宴の席を設けてお礼としても構いません。ただし、ご自分の体調が優れないときに無理をすると逆に心配させてしまうため注意が必要です。品物選びもカタログギフトの手配もインターネットで済ませると、体に負担を掛けずにできます。

実両親への快気祝いギフトに関するマナー・常識

実両親への快気祝いギフトに関するマナー・常識

実両親に快気祝いを贈るときのマナーや常識も踏まえておきましょう。のし、水引、表書きの基本からご紹介します。病気のお見舞いに対しての返礼ですので、繰り返さないことを前提にした結びきりの水引を選びます。表書きは「快気祝」もしくは「快気内祝」とします。ご夫婦で贈るなら連名で送り主を記載します。このルールは品物でもカタログギフトでも適用されるマナーであり常識となります。品物選びの常識として、病気になったということがいつまでも記憶に残るのは好ましくないため、使ってなくなるものを選ぶことになっています。品物を選ぶカタログギフトでは、受け取った側で選択しますので、どのようなものでもマナー違反にならない特性を持っています。その点で内祝いやお返しに使いやすいと評価されています。快気祝いを実両親に送るときも、一般常識やマナーに従って贈るようにしましょう。身近な相手だからこそ、節目のマナーが重要になります。独身の方は比較的おおらかに許されますが、既婚の方は配偶者の常識が疑われることもあるので、十分に注意してから快気祝いを選んで贈りましょう。本来であれば持参するのがマナーですが、快気祝いの場合は無理をして実両親を訪問する必要がありません。

実両親への快気祝いに最適な相場・品物

実両親への快気祝いに最適な相場・品物

快気祝いを贈るときの相場は、いただいた額の半額程度とするのが一般的です。実両親など、親しい間柄ではお見舞金が高額の場合もありますので、1/3を上限と考えて品物やカタログギフトを選びましょう。個別に相場に合わせたものを選んでも良いですし、平均して5000円くらいの品物やカタログギフトを選び、同じものを快気祝いとして贈ってもマナー違反になることはありません。使ってなくなる品物を選ぶのがマナーなので、日用品のジャンルで洗剤などの消耗品や、食品の中ではクッキーなどの焼き菓子も日持ちが良く使いやすいでしょう。好きなタイミングで品物が選べるカタログギフトも消え物と考えられていますので活用しましょう。実両親の好みは把握しやすいので品物から選ぶのも良いですし、病気が治っても本調子といえないときはご自分の負担にならないカタログギフトを選ぶ方もいます。まず、ご自分にとって負担のない方法を優先して、実両親への快気祝いを決めましょう。快気祝いを贈ることに一生懸命になって病気がぶり返しては本末転倒になってしまうからです。品物を選んで一括で贈ってくれる業者もありますので、カンタンできる方法を使うのが、最良の方法だと言って構いません。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧