祖父・祖母への快気祝い3

コンテンツ一覧

祖父・祖母への快気祝いに関するタブー

祖父・祖母への快気祝いに関するタブー

快気祝いを祖父・祖母に贈るときはタブーもありますので注意しましょう。祖父・祖母は孫が病気になることだけでも心配をしますので、元気になったことを伝えるのが最も重要です。一般的には退院してから10日以内に贈る快気祝いですが、十分に体調が整ってから送っても構いません。時期を逸して何か月も経ってから贈るのは心配をかけるだけなので、忘れないようにしておきましょう。全壊したことを知らせるのが快気祝いの本来の意味合いなので、具合が悪い時に無理をする必要はないのです。快気祝いにも相場があり、祖父・祖母は実両親よりも目上の方なので、高額なお見舞いに対して半額の相場にするのは失礼でしょう。上限を1/3程度の金額と考えて品物やカタログギフトを選びます。年代が上になるほどカタログギフトがタブーに見えますが、マナーの範囲内ですので、特に気にしなくて構いません。祖父・祖母に快気祝いを贈るときは基本的なマナーも大事なことですが、心配しているということを念頭に置いた対処が必要です。それに対して重点的にタブーとは何かを考えるとわかりやすくなるのではないでしょうか。稀に快気祝いを贈らないようにいわれることもありますので、両親と相談のうえ対応するのが理想的です。

祖父・祖母への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

祖父・祖母への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

祖父・祖母に快気祝いを贈るのが遅れたら、お詫びの手紙を送るよりは電話でお詫びを伝えた方が良いでしょう。一般的なマナーでは訪問するのが上位、次に手紙、そして電話と順位付けしています。快気祝いが例外なのは、贈るのが遅れた分だけ、具合が悪いのではないかと心配をかけてしまうからです。本調子ではないときに品物を選ぶのは大変なので時間がかかることもあります。そのような理由で遅れることもありますので、簡単に手配できるカタログギフトも便利でしょう。また、快気祝いを贈るのを忘れてしまっていたときにも、すぐに手配を済ませられるカタログギフトは便利な選択肢です。あらかじめ電話をかけておき、後日、快気祝いの品物と手紙を添えれば十分でしょう。重ねることになりますが、手紙には遅れてしまって失礼をしたお詫びの言葉も添えておけば万全です。すぐに体調が戻らないことは祖父・祖母もご存知でしょうから、事情を伝えるだけで十分です。怒るよりも心配をかけてしまうだろうと考えて対処方法を検討するのがベストです。両親からのフォローがあるとさらに安心させることができますので、相談してみてはいかがでしょうか。ご自身よりも、ご両親の方が祖父・祖母の性格をよく知っていますので参考になるアドバイスがもらえるでしょう。

祖父・祖母への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

祖父・祖母への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

祖父・祖母に快気祝いとして贈ってはいけないものを確認しておきましょう。他の方に対しても同じですが、快気祝いで品物を選ぶときは形として残るものは避けましょう。病気の跡が残るとか、病気の記憶が残ると言われますので、快気祝いには適していません。特に、祖父・祖母は贈答品に関してのマナーをよく理解していますので、失礼に当たります。快気祝いの本来の意味をよく考えて、お送りしてはいけないものを避けてください。カタログギフトは最近ではスタンダードになり、昔ながらのマナーの範囲外にあるものなので、仕来りに捕われない贈答品として活用できます。祖父・祖母の年代にはカタログギフトそのものがマナー違反にならないか不安な方もいますので、両親に確認したうえで快気祝いにすると安心です。いつまでも病気の記憶が残るのは、祖父・祖母にとって悲しいことですので、使ってなくなるものを贈るのが当然であることを理解しておきましょう。贈答品の他に元気な姿を見せるとか、元気な声を聴かせてあげるのも良いことです。快気祝いの品物には手紙を添えるのが常識ですが、それとは別に電話で連絡を取るのもお勧めの快気祝いとなるでしょう。あまり元気が戻っていなければ無理は禁物です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧