祖父・祖母への快気祝い2

コンテンツ一覧

祖父・祖母への快気祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

祖父・祖母への快気祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

自分や自分の家族が病に伏して入院治療を余儀なくされたり、闘病生活に入ると、祖父・祖母や両親、兄弟たちからお見舞いをいただくこともあるでしょう。直接、病室までお見舞いに来てくださった方や、遠方よりお見舞いを贈ってくださった方へは、病気から回復した際に、快気祝いを用意してお礼の気持ちと、元気になったことのご報告を行います。今回は、祖父・祖母からいただいたお見舞いに対する快気祝いの渡し方を考えてみましょう。退院後、元の生活が始まるとなかなかお見舞いいただいた方たち1件1件に快気祝いを届けに回ることも難しいので祖父・祖母などは近くに住んでいる場合を除いて郵送で快気祝いを贈らせてもらうことが多くなるかと思います。郵送の際には、品物だけをお届けするのではなく、メッセージカードなどを添えて自筆でお礼を伝えるようにしましょう。メッセージカードは、例えば以下のような文章になります。”このたびはご心配をおかけしました。お蔭さまですっかり元気になり、来週からは仕事へも復帰する予定です。これからは今まで以上に健康に気をつけて1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。入院中にいただいたお心遣いへの御礼と、まずは快気のご報告をさせていただきます。”というような文章になるでしょう。メッセージカードを読んで、もう元の生活を送れるようになっているんだな、と祖父・祖母も安心してくださることでしょう。また、快気祝いで品物を選ぶ際には食べものや洗剤など消えてなくなるものが良いと言われます。最近では、カタログギフトを選ぶ方も増えているようですよ。カタログギフトの中でもインテリアなど長期にわたって形に残るものよりも、グルメカタログや日用品カタログのように消費、摩耗してなくなるようなものが掲載商品の中心となっているものを選ぶと良いですね。

祖父・祖母への快気祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

祖父・祖母への快気祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

祖父・祖母からいただいたお見舞いに対して、快気祝いを贈る際のマナーはご存知でしょうか?今まで、特に大きい病気とも入院とも縁がなかった人にとって、快気祝いと言われてもピンとこないこともあるでしょう。快気祝いとは、病気に見舞われた時や闘病を余儀なくされた時に祖父・祖母や両親、兄弟姉妹やごく近しい友人などからお見舞いをいただくことがあるので、病気が回復して元通りの生活が送れるくらいまで回復した折に、”ご心配をおかけしましたが全快しました”というご報告と”お心遣いいただきありがとうございました”というお礼を兼ねて贈る品物をさします。この快気祝いにはのしをつけるのがマナー。のしは、”祝い”とつく快気祝いですが、病からの全快報告ということで繰り返し起こってはいけない出来事ですから、慶事でよく用いられる蝶結びの水引ではなく、これで最後という意味を込めた結び切りのものを用いるようにします。うっかり間違えないようにしましょう。のしの表書きには”快気祝””快気内祝”などと書くことが一般的です。水引の下には贈り主の名前を記入しましょう。また、祖父・祖母のような目上の方に、快気祝いで商品券やギフト券のような金券を贈ることはマナー違反です。使い勝手が良いだろうと気を利かせたつもりが裏目に出ることがありますので注意しましょう。使い勝手の良い品としては、カタログギフトがありますよ。カタログギフトなら金券のような意味合いは持たずある程度選択の幅があるので喜ばれそうですね。

祖父・祖母への快気祝い、もらって嬉しいものとは?

祖父・祖母への快気祝い、もらって嬉しいものとは?

祖父・祖母へ渡す快気祝い。本来、快気祝いは病気療養中にいただいたお見舞いへのお礼や元気になったご報告を兼ねてご心配をおかけした親族を招いて食事会などを開き、お帰りの際に持ち帰りいただいたお礼の品だったのですが、近年ではなかなか快気祝いの食事会を開催するお宅も少なくなり、品物を贈ることでご報告を済ませることが増えています。そこで、せめて快気祝いを用意するなら、喜んでいただけるものをと考えますよね。祖父・祖母からいただいたお見舞いに対して快気祝いを用意しようと思うと何が適しているでしょうか?祖父・祖母が受け取って喜ぶ快気祝いとは何かを調べてみると、品物としてはカタログギフトや、美味しいグルメの詰合せ、洗剤など消耗品の詰合せなどであるとわかりました。快気祝いは、このように病に伏す経験がこれで最後となるよう繰り返さないようにと意味を込めて消えものが良いとされており、祖父・祖母の世代では特に縁起を担ぐ方が多いので、このような品物を受け取ると安心なさるようですよ。カタログギフトを選ぶ際にも消えものが中心で掲載されているカタログを選ぶようにすると良いでしょう。しかし、本当の意味で祖父・祖母が嬉しいこととは、何より孫の全快姿であるに違いありません。快気祝いを贈る際にはただ単に品物を郵送するのではなく、電話で元気な声を聞いてもらう、もしくはお手紙で元気になったことを伝える等の心遣いが必要でしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧