兄弟・姉妹への快気祝い1

コンテンツ一覧

兄弟・姉妹への快気祝いに贈りたいプレゼントランキング

兄弟・姉妹への快気祝いに贈りたいプレゼントランキング

自分が病気やケガで入院や療養生活を余儀なくされた際に、親や兄弟・姉妹からお見舞いをいただくことがあるでしょう。お見舞いをいただき、周囲の方たちにご心配をおかけした時には、しっかりと回復した後に快気祝いと言って、病気が全快したことのご報告とお見舞いいただいたことへのお礼を兼ねて快気祝いを用意して贈らせてもらうことが一般的です。特に、身近な家族である兄弟・姉妹には並々ならぬご心配をおかけしたことと思いますので、”もう大丈夫!”という意味を込めてきちんと快気祝いを用意する方が安心していただけるのでおススメです。快気祝いと言うと、何を贈ったらいいの?縁起とか関係あるの?と、今まで病気をしたことのない方には縁のないお話ではないでしょうか?快気祝いで贈る品物は、消えてなくなるもの、洗い流せるものが良いとされているので、その点を把握してお祝いを用意するようにしましょう。よく選ばれているランキング上位の品は、以上のような意味合いから石鹸や洗剤などの日用品であり且つ消耗品。その他、食べてなくなる食品もランキング上位の定番アイテムです。また、快気祝いにはカタログギフトもおススメ。基本的に商品券やギフト券などお金をお返しして差しさわりのない場合のみ選ぶことになるので快気祝いには不向き。その点、カタログギフトなら商品の意味合いが強く、マナー違反にもなりません。

兄弟・姉妹への快気祝いギフトに関するマナー・常識

兄弟・姉妹への快気祝いギフトに関するマナー・常識

快気祝いというと、病気や入院をした際にお見舞いに来てくれた親戚や友人たちに向けて、回復後に”もう大丈夫です。病気は全快しました”というメッセージを込めて贈るお祝いを指します。しかし、お祝いと言っても、快気祝いは他の出産祝いや入学祝いのように何度もあっては困るものであるため、お祝いの品にかけるのしはお祝いごとによく選ばれる蝶結びではなく、これで終わりという意味を込めた結び切りとなります。こういった快気祝いのマナーを知らずに用意すると、せっかく贈ったにも関わらず恥をかくことになりますので注意しましょう。その他、快気祝いを贈る時期ですが、入院していた場合には退院して10日後くらいが目安。せっかくお見舞いに来てくれていた兄弟・姉妹に散々心配だけかけておいて、退院しても一報もいれず快気祝いもなしはマナー違反。いくら親しい中でも気を配りたいポイントですね。快気祝いに選ぶギフトは、消えてなくなる消耗品や洗い流せるものが良いと言われます。これは、もうこのようなことがないようにと願いを込めて選ばれているためで、自分の全快を願ってサポートしてくれた親や兄弟・姉妹、友人たちにもこのような病気が降りかかることのないよう願って選びます。なかなか消えものでお返しするのに適して商品が見つからない場合には、カタログギフトでも良いでしょう。その場合には、日用品や食べもののカタログギフトを選ぶと快気祝いにふさわしいと思います。

兄弟・姉妹への快気祝いに最適な相場・品物

兄弟・姉妹への快気祝いに最適な相場・品物

兄弟・姉妹からいただいたお見舞いに対して、全快後に快気祝いを贈るとすれば、どのようなものをどのくらいの予算で用意すれば良いでしょうか?一般的に、快気祝いはいただいたお祝いの金額から考えて半額程度で用意するのが相場と言われています。お見舞いが10000円なら5000円、30000円なら15000円の快気祝いが相場ということですね。お祝いの品物選びですが、常識的に考えると使うとなくなる消耗品か食べてなくなる食品が一般的。と言うのも、快気祝いはお祝いと言っても繰り返したくはない出来事。また起こることがないように、なくなるものが良いとされているためです。しかし、兄弟・姉妹のように親しい間柄ならより実用的な商品券やギフト券の方が喜ばれるように感じられることもありますね。それならばカタログギフトを選ぶようにすると良いですよ。やはり、いくら兄弟・姉妹間と言っても、現金に近い商品券やギフト券はお返しに不適切とする見方がありますので控える方がベターです。その点、カタログギフトなら好きな品物と交換できるため、現金よりもギフトというニュアンスが強く、縁起を担ぐ側面からも引っかかることのないアイテム。カタログギフトにしても消えてなくなる日用品や食べものなどを扱ったものを選ぶようにしましょうね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧