友人への快気祝い2

コンテンツ一覧

友人への快気祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

友人への快気祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

友人への快気祝いを贈る時には、手紙やメッセージカードを添えることがおすすめです。あなたのことを心配してお見舞いに来てくれたかけがえのない友人には、心をこめた感謝の気持ちを伝えるお礼状を書きましょう。メッセージカードを書く時には「相手に心配をかけたことへのお詫び」「お見舞いに対するお礼」「退院後の報告」「快気祝いを贈るという文章」を簡潔にまとめます。手紙の場合はこれらに時候の挨拶、お相手の健康を気遣う文章や、退院後しばらくは身体を気遣って過ごすという文章などを盛り込みます。気をつけることとしては、重ね言葉を使わないようにすることです。「ますます、くれぐれ、返す返す、いろいろ」などの言葉は、普段うっかり使ってしまう使用頻度の高い言葉なので特に注意が必要です。病気を繰り返さないという意味を込めて、重ね言葉を使うことはタブーとされています。また快気祝いの品物としては、病気を後に残さないという意味をこめて、後に残らない消えものを贈ることが一般的です。スイーツやドレッシングのセット、コーヒーの詰め合わせなどが人気の商品です。何を贈ったらいいかわからない場合はカタログギフトをお贈りして、お相手にカタログギフトから好きなものを選んでいただくというのも一つの手です。

友人への快気祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

友人への快気祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

友人へ快気祝いを贈る場合は、きちんとマナーを守ることも大切です。快気祝いに使用する水引ですが、結びきりのものを使用します。結びきりの水引は、何回も繰り返したくない物事に使用します。例えば結婚祝いや快気祝いなどがこれにあたります。ですから快気祝いに使うのしは、かならず結びきりの水引がついたのしを使う必要があるのです。また、表書きは「快気祝」とするのが最も一般的です。下側には自分の姓を入れます。友人に贈るタイミングなのですが、退院してすぐではなく、退院して10日後から1か月以内に贈ることが大切です。あまり早く贈り過ぎると病気がぶりかえすといわれているため、すぐ快気祝いをおくることは避けましょう。お贈りする品物は、病気を残さないという気持ちを込めて、使ってなくなるものをお贈りするのがマナーです。例えばコーヒーや焼き菓子の詰め合わせや、洗剤のつめあわせなどです。こういう品物であれば食べたり使ったりしたらなくなりますからね。その他にはカタログギフトも人気です。何を贈ったらいいか思いつかない場合は、グルメ関係の商品が豊富に掲載されたカタログギフトから友人に好きなものを選んでいただくこともいい方法です。

友人への快気祝い、もらって嬉しいものとは?

友人への快気祝い、もらって嬉しいものとは?

人に快気祝いを贈るなら、喜んでもらえるものを贈りたいですよね。喜んでもらえる快気祝いとはどのようなものなのでしょうか。まず快気祝い以外のお祝い事にも言えることなのですが、基本的に「もらって嬉しいものランキング」の上位の品物に見られる傾向とは、「使える」「貰って困らない」ということです。つまり、食べ物などの消えものやカタログギフト、洗剤、商品券などのもらったらすぐ使える実用的な贈り物ですね。そして快気祝いの品物のマナーとして、「後に残らないもの、使ってなくなるものをおくる」というものがあります。これは、「病気を後に残さない」という意味を込めています。これらの条件を総合して考えると、友人への快気祝いに適しているのは、スイーツやドレッシング、コーヒーの詰め合わせなどの、「食べたり飲んだりしたらなくなる消えもの」や、石鹸や洗剤のつめあわせなどの「使ったらなくなるもの」が適していると考えられます。特定のものを贈って喜んでもらえるかどうか自信がない場合は、グルメ系のカタログギフトを贈って、相手に好きなものを選んでいただくというのもいい方法です。友人への快気祝いに何を贈るか迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧