上司への出産内祝いやお返し

コンテンツ一覧

上司への出産内祝いやお返しの相場

上司への出産内祝いやお返しの相場

社会人でお勤めされている方は、会社の上司から出産のお祝いをいただくこともあるかと思います。女性がお勤め先の上司からお祝いをいただくこともあるでしょうし、奥様の出産でご主人が会社の上司のからお祝いをいただくこともあるでしょう。その際に、出産祝いのお返しを用意してお渡しするのがマナーですよね。この内祝いを何にするかを迷うのと同時に、どのくらいの金額のものをお返しするのが良いのか気になります。仕事で今後もお世話であろう上司からのお祝いということで失礼のない出産内祝いお返し上司の相場とはどのくらいの金額でしょうか?まず、基本的に出産内祝いのお返しはいただいたお祝いの半額程度、いわゆる半返しが相場と言われています。上司からいただいたお祝いが1万円か、1万円相当の品物であった場合には出産内祝いお返し上司は5000円が半返しということになりますね。この半返しを基本として、上司でも社長などかなり目上の立場の方から高額のお祝いをいただいた場合はどうでしょうか?普通に考えると、目上の方に安い品をお返しするのは失礼と感じてしまったりもしますが、実際には3割返し程度でOKと言われます。その理由は、目上の方がお祝いを新しい家族誕生で何かと入用なので気を利かして包んでくれているので、きっちり半返しするのは逆に失礼という考えから。少し甘えさせていただいて3割返しくらいにしておき、”いただいたお祝いで子どもの○○を買わせていただきました。助かりました。”と素直にお礼を伝えることの方が好まれることもあることを覚えておきましょう。また、上司へのお返しに頭を悩ませているならカタログギフトをお勧めします。上司の方なら、たいてい必要なものはすでに持っていらっしゃるでしょうから、カタログギフトでもらって困らないものを選んでいただきましょう。

上司への出産内祝いやお返しの渡し方

上司への出産内祝いやお返しの渡し方

会社の上司から出産のお祝いをいただくことがあるかと思います。お返しを用意したものの、どうやって渡そう、いつ渡そうとタイミングが図れずに持ったままになっていることありますね。出産内祝いお返し上司へのお返しはいつ頃にどのような渡し方をすればスマートでしょうか?一般的に出産祝いのお返しは赤ちゃん誕生後30日頃を目安に渡すのが理想と言われています。出産内祝いの場合には、赤ちゃんが生まれてからすぐにかけつけてお祝いをくださった方や、退院して落ち着いてからお祝をもって来てくださった方などお祝いをいただく時期が結婚とは違って多少ばらつきがあります。しかし、産後は赤ちゃんのお世話やママの体力が回復しきっていないこともあり、お祝いをいただいたその都度お返しを渡している余裕がありませんよね。よって、内祝いはこの産後30日前後の時期にまとめて、それまでにお祝いをくださった方へ一斉にお返しすればOKと言われています。出産内祝いお返し上司への渡し方もこの時期でOKということになりますね。渡すときは、会社でお渡しするよりご自宅へ郵送させていただく方がよ良いでしょう。職場で渡すとほかの人の目にもとまりやすい上、持ち帰る際に荷物を増やすことのなってしまいます。郵送でおすすめの内祝いはカタログギフトです。カタログギフトなら在宅時間と配達時間がうまく合わずに受け取りが発送から数日経過してしまっても傷む心配がないですよ。

上司への出産内祝いやお返しに関するマナー

上司への出産内祝いやお返しに関するマナー

上司から出産をお祝いをいただいたとしたら、お返しの際に気を付けたいマナーはあるでしょうか?まず、出産内祝いお返し上司の渡し方ですが、できれば職場でお返しするのは避けた方が良いでしょう。上司が他の社員さんには内緒でお祝いを用意してくれていた可能性もありますし、お祝いを用意しなかった社員さんが見ていた場合には気まずい思いをさせてしまうかもしれません。”差しさわりなければ、気持ちばかりのお返しをご用意させていただいたのでご住所を教えていただけますか?”と、他の社員さんの耳に入らないタイミングで上司に住所を教えていただき自宅に郵送させていただきましょう。その方が、上司も帰宅時の荷物が増えることにもならないので喜んでくださるかと思います。また、大変かわいがっていただいている上司で、出産内祝いお返し上司宅まで直接お返しに伺うという場合には、当然のことですがきちんとアポイントをとってからお邪魔しましょう。その際には、朝早く、夜遅く、食事の時間帯は避けてお邪魔するのがマナーです。上司にとってもプライベートな時間をさくことになりますので、”わざわざいいよ”とお声かけいただけたら、”では郵送で失礼します。お祝いをいただいて本当にありがとうございます。”と素直に甘えさせていただくことも時として必要ですね。内祝い選びにはカタログギフトをお勧めします。上司なら、たいていのものは持っていらっしゃるでしょうが、上司がもらってうれしいお返しには仕事で使えるビジネス小物が人気といいますから、こういったビジネスマン向けのカタログギフトをセレクトすると喜ばれるのではないでしょうか?

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧