上司への出産内祝い2

コンテンツ一覧

上司への出産内祝いに添えるお礼状の書き方

上司への出産内祝いに添えるお礼状の書き方

「上司への出産内祝いに添えるお礼状の書き方」についてご紹介いたします。会社の上司から出産祝いを頂く場合がありますが、上司 内祝い 出産内祝いに添えるお礼状の書き方はどのようにして書けばよいのでしょうか。お祝いのお返しで上司 内祝い 出産内祝いに添えるお礼状は、まずは、頭語から始まります。そして時候の挨拶を書きます。次に相手の方の健康や安否を気遣う言葉を盛り込みます。それから出産祝いを頂いたことに対するお礼や感想などを書きます。そして生まれた子の性別や名前、名前の読み方などを書きます。最後に今後のお付き合いや支援などをお願いする言葉を書きます。送り主の署名は、夫婦二人の連名を書くようにしましょう。頭語は拝啓-敬具もしくは、謹啓-敬具となります。そして「一筆申し上げます」、「かしこ」がありますが「かしこ」を使えるのは女性のみとなります。時候の挨拶は、たとえば5月の場合は残春の候や新緑の候、青葉繁れる好季節を迎えなどを選ぶと良いでしょう。出産のお祝いをいただいたら、まずはお礼の気持ちを相手の方にきちんと伝えるようにしましょう。 できれば早めにお礼状は出したほうが良いでしょう。出産祝いをいただいてから3日以内にはお礼状を出せると相手の方にも好印象を与えます。もしも、お礼状を送ることが遅くなってしまいそうな場合は、お礼の電話をしておきて送り状はカタログギフトなどのお祝いのお返しと一緒に送っても良いでしょう。カタログギフトはお祝いのお返しとして人気がありますが、出産内祝いは赤ちゃんの名入れギフトなども人気があります。

上司への出産内祝いの渡し方

上司への出産内祝いの渡し方

「上司への出産内祝いの渡し方」についてご紹介いたします。上司の方から赤ちゃんが産まれて出産祝いを頂く場合がありますが、上司 内祝い 出産内祝いの渡し方はどのような点に気をつければよいのでしょうか。お祝いのお返しを上司 内祝い 出産内祝いを贈る場合には、渡し方は郵送などで上司の方の自宅に送ったほうがよいでしょう。会社などで直接渡してしまうと、上司の方にとって都合が悪い場合もあります。それは上司の方が部下にたいして必ずお祝いをくださるような方だったとしても、全ての部下が出産するというわけではないためです。もしも、出産祝いをもらってない人がいるときに出産内祝いを手渡しで贈るとあとあと気まずい空気になってしまう場合もあります。その他にも出産祝いを贈らなかった他の上司のメンツを潰してしまう場合もあります。上司の方に贈る出産内祝いは、手渡しをするよりもご自宅へ送るほうが無難だといえるでしょう。赤ちゃんが産まれた事をお祝いしてくださり、そのことに対する感謝の気持ちを出産内祝いにこめるものなので上司の方に贈るタイミングや場所などにも配慮したほうがよいでしょう。出産祝いのお返しの品物で人気の商品は、カタログギフトや名入れのお米ギフト、名入れのスイーツギフトなどがあります。カタログギフトなどはグルメカタログギフトなどもありますので上司の方の食の好みがわからない場合などにも贈るやすいアイテムだといえます。

上司への出産内祝いに関するマナー

上司への出産内祝いに関するマナー

「上司への出産内祝いに関するマナー」についてご紹介いたします。赤ちゃんが産まれて友人や家族、会社の同僚、会社の上司の方から出産祝いを頂く場合がありますが、上司 内祝い 出産内祝いに関係するマナーはどのようなマナーに気をつけたらよいのでしょうか。せっかくお祝いを頂いたので失礼のないように上司 内祝い 出産内祝いを贈りたいものです。出産祝いを頂いたらまずは、お礼状を早いうちに出しましょう。もしも、体調や赤ちゃんのお世話などで時間がとれないような場合は、電話で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。この時にはメールでお礼を伝えることは失礼にあたる場合もありますので注意したほうが良いでしょう。上司の方の場合は、電話やお礼状でのお礼のほうがよいでしょう。お祝いのお返しの品物は、赤ちゃんの写真や名前入りのグッズなどは控えたほうが良いでしょう。自分の子供は可愛いものですが、他人の上司の方がそのような品物をもらったとしても正直いって困ってしまいます。捨てることもできないため、どのようにしたらよいのか考えてしまうような品物は避けたほうが良いでしょう。上司の方の年代だけでなく、嗜好や趣味などを考慮して内祝いを選ぶことが良いですが、相手のことをよく知っている人に前もってリサーチして選んでもよいでしょう。事前のリサーチが難しい場合は、どのような人がみても本物志向とわかるような内祝いの品物を選ぶと良いでしょう。もしも、好みがわからなくてお返しの品物選びに悩んでしまった場合には自由に選ぶことができるカタログギフトなどもおすすめです。カタログギフトは、グルメのカタログギフトもありますし総合的なカタログギフトなどもあります。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧