上司への内祝いやお返し1

コンテンツ一覧

上司への結婚内祝いやお返しにおすすめのギフト

上司への結婚内祝いやお返しにおすすめのギフト

少し前までは結婚式は披露宴形式が主で、職場の上司などをご招待したものです。しかし最近は、結婚式を身内だけで行ったり、リゾート婚をしたりする人も増えており、結婚式だからと言って必ずしも上司を結婚式にお招きするという状況ではなくなっています。ですがこのような場合でも、上司に結婚の報告をした場合に、上司から御祝いをいただくことも多いですよね。このような場合は、必ず内祝い 上司 お返ししましょう。お返しするギフトですが、自分の上司に当たる方にあまり適当なものを贈るわけにもいかないですし、喜んでもらえるものを贈りたいですよね。しかし、上司の好みが把握できていないという場合も多いと思います。このようなことを踏まえてオススメなギフトは、カタログギフトです。カタログギフトであれば、掲載されている商品のジャンルや種類も非常に豊富です。上司の好みのものや、上司の奥様の好みのものを選んでいただくことができるという意味でも満足していただける可能性が高いです。引き出物や内祝いの人気商品ランキングや、もらって嬉しかったお返しランキングで常に上位のカタログギフト。内祝い 上司 お返しとしておすすめできるギフトと言えます。

上司への出産内祝いやお返しにおすすめのギフト

上司への出産内祝いやお返しにおすすめのギフト

会社の上司に出産を報告した場合、出産祝いをいただくこともあると思います。御祝いをいただいた場合は、お返しをするのがマナーです。しかし会社の上司の出産祝いのお返しってどのようなものを贈ったらいいのか迷う場合もありますよね。一般的にはお菓子やタオルなどの消えものや実用的なものを贈ることが好まれていますが、会社の上司の場合、好みがわからないことも多いです。このような場合に内祝い 上司 お返しとしておすすめなのがカタログギフトです。カタログギフトは贈った相手に好きなものを選んでいただくことができるので「好みでないものが家に届いて困った」と思われるリスクが回避できるのがポイントと言えます。「自分の好きなものを選べる」という意味では商品券なども出産内祝いとしては人気なのですが、値段の分かるものを上司にお返しするのは失礼だと考えられる方もおおいのでオススメできません。カタログギフトであれば、値段も分からないのでこのような意味でもメリットがあるのです。子供が生まれることで、会社に迷惑をかけたり配慮してもらうことも増えてくるかもしれません。しっかりと内祝い 上司 お返しして、礼儀正しい部下であるようつとめましょう。

上司への内祝いやお返しの相場や渡し方などのマナー

上司への内祝いやお返しの相場や渡し方などのマナー

内祝い 上司 お返しをするのは当然ですが、気になるのはマナーですよね。相場としては普通の内祝いの場合と同様、三分の一から半額程度のものをお返しするのが良いでしょう。内祝い 上司 お返しの品としてはカタログギフトがおすすめです。カタログギフトは掲載されている商品のジャンルが幅広く、贈った相手に好きな商品を選んでいただくことが可能なので、上司の好みの品物が分からなかった場合でも贈りやすいのです。上司ではなく上司の奥様の好きなものを選んでいただくということも可能ですしね。よくある悩みとしてあげられるのが職場の上司へ出産祝いを返す場合、職場でお返しをお渡しするのか、自宅へお返しを郵送するのかどちらが適切か悩んでしまうというもの。マナーとしてはどちらでも失礼ではないですが、できれば職場ではお礼の言葉を述べて、お返しの品は自宅へ贈るというのがスマートなやり方です。職場でお返しを渡してしまうと、帰宅時に手荷物になってしまいますからね。ただしどうしても自宅の住所がわからない場合は職場で渡しても問題はないでしょう。このような場合でもカタログギフトであれば持ち帰りにかさばらないのでお返しとして適していると言えるのでおすすめです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧