上司への出産内祝い1

コンテンツ一覧

上司への出産内祝いに添えるお礼状の書き方

上司への出産内祝いに添えるお礼状の書き方

上司 出産内祝いにカタログギフト等のお返しと共に添えるお礼状の書き方についてですが、まずお祝いを頂いたお礼を文面にのせます。品物の場合は早速使わせていただいておりますといった文面や、今すぐに使わないものの場合は今後使わせていただきますと言った形で、頂いたものが嬉しいという気持ちを表しましょう。それから産休などをとって会社を休んでいる場合は、おかげさまで母子共に健やかに過ごすことができ、毎日元気に過ごしておりますという文面を入れると非常に丁寧で気が利いた印象になります。それから生まれた赤ちゃんの名前もきちんとのせて、命名の由来などを簡単に説明してもよいでしょう。これからも会社で働いていく場合は、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますという一文は必須です。カタログギフト等のお返しは産後1ヵ月のお宮参りを終えた頃に渡すことになりますが、上司 出産内祝いのお礼状の文面などは、あらかじめきちんと考えておいて、生まれてお宮参りを終えたらすぐに手配できるように準備をしておきましょう。今後付き合っていく上司でしたら特に失礼があってはいけないので、お礼状を忘れたり2か月以上経ってから送ったりといったことがないようにしましょう。

上司への出産内祝いの渡し方

上司への出産内祝いの渡し方

上司 出産内祝いの渡し方については手渡しでも郵送でもどちらでも構いませんが、状況によって判断することが必要です。大人数の会社で、カタログギフト等のお返しを渡したい上司と二人きりになる状況がないという場合は、自宅に郵送で手配をした方がよいでしょう。上司が周りの目を気にすることもありませんし、やりとりがスマートにすみます。親しい上司やどうしても直接渡したいという場合は、直接カタログギフト等のお返しを渡してお礼を言うようにしましょう。特に年配の方は直接お礼を言うのが礼儀というタイプの人も多いです。直接お礼を言わずにお返しを自宅に送りつけるなんて失礼だと思われてしまう場合もありますので、人によって判断してもよいでしょう。また、自宅に送る場合でもきちんとわけを説明して送るようにしましょう。上司 出産内祝いを渡すときの渡し方は、それぞれの人に対して失礼のないように配慮してお返しを渡すことが重要です。人の目を気にする人なのか、礼儀などを気にする人なのかなどその人のタイプをしっかりと把握してお返しをしましょう。お祝いをくださった方とトラブルにならないためにも、貰った側がきちんとした配慮を行うことが必要です。

上司への出産内祝いに関するマナー

上司への出産内祝いに関するマナー

上司 出産内祝いを渡すときのマナーは金額と渡す時期が大切です。出産内祝いは半返しが基本ですので、お祝いを頂いた金額の半分程度の金額のお返しをするようにしましょう。その際はカタログギフトがおすすめです。カタログギフトであれば、上司の好みの商品を選んでもらえるので、好みがわからなくても失礼なものを贈ってしまうことがなく非常に便利です。お返しは喜んでもらえるものを贈りたいと思うのが贈る側の思いでもあります。それから上司 出産内祝いをお返しする際は、産後1か月が過ぎてお宮参りを終えた頃にしましょう。それまでの間はお祝いを頂いたお礼だけをきちんと伝えるようにしておけば大丈夫です。そしてお宮参り後~2か月までに出産内祝いを贈るようにしましょう。理由があってお宮参りを遅らせる場合は、先に出産内祝いを贈るしたほうが失礼はありません。ただ会社の上司だといろいろな事情をわかってくれているという場合もありますので、少し遅れた手配になりそうな場合はひとこと言っておけばそこまで失礼だと思われることもありません。このように会社の上司へのお返しは、友人や親せきなどとは違い気遣う点がありますので、マナー違反だと思われないように注意しましょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧