取引先への出産内祝い3

コンテンツ一覧

取引先への出産内祝いに関するタブー

取引先への出産内祝いに関するタブー

お仕事をされている方は、出産時に取引先の会社もしくは懇意にしている社員さんから出産祝いをいただくこともあるかもしれません。もしお祝いをいただいた際には、友人や親戚からお祝いをいただいた時と同様に取引先に対しても出産内祝いを用意してお返しするのがマナーと言えます。そこで、これからもお世話になる取引先に失礼がないように出産内祝いを用意する際に知っておきたい”これはタブー”という項目をチェックしておきましょう。まず、お返しする時期は重要です。一般的に出産内祝いのお返し時期は産後1か月頃と言われています。最近では、出産後はバタバタする時期なので遅くなっても仕方がないという流れもあり、遅くても産後2か月以内にと言われますが、やはり仕事人としては今後のお付き合いも考えて早期にきちんとお返しは用意したいもの。どうしてもお返しが遅くなった時には詫び状を添えてお返しするのが常識ですが、そうなるとどうしてもだらしない人という印象を与えてしまうので注意しましょう。また、出産内祝いに選ぶ品物についてが二つ目のポイントです。昨今は、内祝い選びのタブーはあまり強調されなくなりましたが、やはり縁を切ると言われる刃物類、弔事でお返しされることが多い日本茶などは縁起が悪いと受け取られることが多い品物。あえて選ぶ必要はありませんよね。お返しによく選ばれているのはお菓子など食べ物やタオル類です。取引先ということですから、どちらでもOKではないでしょうか?好みや分ける人数がわからない場合には、カタログギフトが便利です。カタログギフトの中にはスイーツカタログやタオルカタログなどがありますので、予算と照らし合わせて贈ると喜ばれるでしょう。

取引先への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

取引先への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

取引先から出産祝いをいただいた場合、お返しに適した時期をご存知でしょうか?通常は、産後1か月たった頃をめどに出産内祝いを用意してお返しするのがマナーと言われています。取引先へも同様にこの時期をめどに出産内祝いをお返ししたいところです。しかし、中には諸事情がありお返しの発送が遅れた方もいらっしゃるかと思います。出産内祝いを受け取る方によっては、お返しの時期が遅れた上に商品だけ送られてきたようでは失礼、マナー違反と感じる方もいらっしゃいますので、万が一遅れたしまった場合にはお返しの品物に手紙や詫び状を添えて郵送させていただくことを忘れないようにしましょう。お手紙には、まず、お祝いをいただいたことに対する感謝、母子共に健康など現状報告、そして報告とお礼が遅くなってしまったことに対するお詫びを記すようにします。また、今後もお仕事でお付き合いいただく取引先へ、今後の抱負や、変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りたいというご挨拶を忘れずに記したいですね。出産内祝いの準備が遅れているようなら、何にするか迷っている間に手配可能なカタログギフトを選択されてはどうでしょうか?カタログギフトの中にはお菓子など食べものばかり掲載されているカタログもあります。会社などへのお返しは大勢で分けれるものがベストと言われますから、こういったカタログをチョイスすると間違いありませんね。

取引先への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

取引先への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

取引先から出産祝いをいただいた場合、何をお返しすれば喜んでいただけるか、失礼にならないか?考えてしまいますよね。そこで、出産内祝いではお返しに選んではいけないと言われる品物がありますので間違えて贈らないようにチェックしておきましょう。まずは、日本茶。こちらは弔事のお返しとしてよく選ばれている品物なので縁起が悪いと受け取られることが多いためです。また、刃物。取引先なので仕事で使えるかも?と文具類などを贈ろうかと思った時には刃物類ではなくペンやメモ帳にした方が無難ですね。最近では刃物は未来を切り開くという意味で贈ってもOKとされることもありますが、いろんな年代の方がいらっしゃる会社では解釈に違いがありますので避けた方がベターでしょう。その他にも縁起が悪いという理由から白いハンカチは贈ってはいけないと言われます。お祝いの金額があまり大きい額ではない時に、お返しでマグカップやハンカチタオルなどをセレクトする人もよくいますが、色には注意したいですね。その他、大勢で分けることも考えてお返ししたいので、分けられない品物というのも考え物。会社で使える備品などなら良いのですが、特定の誰かがもらって帰るしかないようなものは贈るとかえって迷惑になりますから気をつけましょう。また、出産内祝いで迷うようならカタログギフトをおススメします。取引先ですから、スイーツのカタログギフトなんかが適しているでしょう。会社に対してはお菓子の詰合せがベストとはよく聞く話。分けやすく、社員さんの好みのものを取り寄せていただくのが良いかもしれませんね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧