取引先への出産内祝い1

コンテンツ一覧

取引先への出産内祝いに贈りたいプレゼントランキング

取引先への出産内祝いに贈りたいプレゼントランキング

いつも仕事でお世話になっている取引先の職員さん、もしくは会社から出産祝いをいただいたとしたら、その他の方にお返しするのと同様、出産内祝いのお返し準備が必要ですね。時期的には産後1か月経過する頃がベスト。出産内祝いの予算としてはいただいたお祝いの金額から考えて半返しで用意すると失礼にあたることもないでしょう。そこで、取引先の会社名でいただいた出産祝いのお返しを考える時、どのような品物をお返しすると喜ばれるのか考えてみましょう。取引先が会社の場合はその会社の社長さんを始め従業員の皆さま複数名からお祝いをいただいたということになりますよね?そうであれば、職場からのお祝い(連名でいただいたお祝い)へのお返しを例に、もらって嬉しい出産内祝いランキングからお返しにふさわしい品物を検討してみましょう。まず、ランキング上位で人気が高い品物はお菓子です。特に、個包装されたバームクーヘンやチョコレート、クッキーなどの甘いお菓子は仕事の合間、休憩時間につまんでいただける点や、社員みんなで分けやすい点で高評価。また、お菓子に次ぐ人気はハンドタオルやマグカップ、ペンなどの文具類。こちらも職場に置いておくことで使用する場面がありそうですね。予算に応じて、セレクトすると良いでしょう。しかし、取引先の職員数が明確にわからないといった場合には、お返し選びもちょっと難しい時も?そんな場合には、スイーツのカタログギフトなどをお返ししてみてはいかがでしょうか?カタログギフトなら、取引先の社員さんがみなさんで分けやすい個数が入ったものを選んでくださるでしょうから安心ですね。

取引先への出産内祝いギフトに関するマナー・常識

取引先への出産内祝いギフトに関するマナー・常識

仕事の取引先から出産祝いをいただいた場合にも親戚や友人にお返しを用意するのと同様に出産内祝いをお返しすることと思います。そのお返しの際に知っておきたいマナーはあるのでしょうか?まず、出産内祝いをお返しする時期がひとつめのポイント。一般的に出産内祝いは産後1か月を迎える頃にお祝いをいただいたことに対するお礼の気持ちを込めてお返しするのがマナーと言われています。よほど産後に母体の回復が思わしくない、または、赤ちゃんが病気がちで入院しているなどの事情があれば別ですが、基本的には産後1か月、事情があり遅くなったとしても産後2か月以内にはお返しを贈るように気をつけましょう。もし、事情によりお返しが1か月を1週間、2週間と過ぎてからになった場合には、取引先に郵送する内祝いに詫び状を添えて贈るようにしたいですね。詫び状には、お祝いをいただいたことに対するお礼、内祝いを郵送で(略儀)で贈らせていただくことへのお詫び、お返しが遅くなったことへのお詫び、以上は記載するようにしたいところです。また、取引先ということですので、今後ともよろしくお付き合いくださいという意味合いのメッセージも必要になるでしょう。内祝いのギフト選びに迷った時にはカタログギフトなども喜ばれるかと思います。例えばタオルのカタログギフトも良いですね。仕事場にタオルは必需品ですから会社で使用していただけそうです。同じような理由から文具カタログなども良いですし、社員の皆さんで食べていただけるようなスイーツカタログを贈っても喜ばれるのではないでしょうか?

取引先への出産内祝いに最適な相場・品物

取引先への出産内祝いに最適な相場・品物

取引先から出産祝いをいただいた場合、お返しに出産内祝いを用意するかと思います。その際、相場としてはいくらくらいのものを用意すれば良いでしょうか?よく取引先への出産祝い相場として言われるのは、会社から贈るのなら5000円程度。個人で贈るのなら3000円程度が相場と言われています。基本的には慶事なので半返し。そうなると、5000円のお祝いに対しては2500円、3000円のお祝いに対しては1500円程度の品物ということになりますね。よほど、個人的に深くお付き合いしている間柄でもない限り、取引先からあまりに高額な出産祝いをいただくことは少ないと思いますので、出産内祝いの予算的にも幅広く商品を選べる金額にならない点が内祝い選びで何にするか迷わせる原因にも。そんな時には、”取引先の職員さんで分けることができるもの”を基本として考えてみてはいかがでしょうか?例えば、食べものですね。お菓子の詰合せやドリップコーヒー、紅茶のティーバックの詰合せなどがこれに該当します。また、職場で使用できる文具なども良いかもしれません。メモ帳のセット、ペンセットなどがこれに該当しますよね。それでも迷うようならカタログギフトをお返ししてはいかがでしょうか?スイーツのカタログギフトなら2000円くらいから選べるものが多いですから、そういったものを贈って取引先の女性陣に好きなスイーツを取り寄せていただくというのも一つの方法と言えそうですよ。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧