職場の仲間への出産内祝い3

コンテンツ一覧

職場の仲間への出産内祝いに関するタブー

職場の仲間への出産内祝いに関するタブー

お仕事をしている人は、出産した際に職場の仲間から出産祝いをいただくこともあるでしょう。その際に、お返しとして出産内祝いを用意するかと思いますが、お返しに選んでタブーと言われる品物もあることをご存知でしょうか?今後も長くお付き合いいただく職場の仲間ですから、知らず知らずにタブーを犯すことのないよう確認しておきましょう。まず、出産内祝い選びです。品物として縁起が悪いものは、日本茶、白いハンカチ、刃物などが挙げられます。これらは弔事を連想する品物であったり、品物そのものに”縁を切る”という意味合いをもつためで、慶事のお返しとしては不釣り合いな品物。また、バームクーヘンやチョコレート、クッキーのような日持ちする焼き菓子などの詰合せは人気の出産内祝いですが、お返しに生ものの食品を贈るのは避けた方がベターです。受け取った際にお返しが傷んでいるリスクがありますし、職場の仲間で分けるときに手間がかかるという難点もあります。もし、職場の仲間から連名でいただいたお祝いならば、大勢で分けやすいスイーツなどをお返しすると良いでしょう。また、お返しの時期にも配慮が必要。一般常識からして、お返し時期は産後1か月頃が目安です。それより数週遅れるような場合には、詫び状を添えて贈るのがマナーですが、そうなると社会人としてだらしない人というイメージをもたれかねず、せっかくお返しを用意しても自分自身のマイナス評価につながることも。そうならないためにも、職場の仲間へはきちんと適切なタイミングでお返しを届けるように気をつけましょう。もし、出産内祝い選びで迷っていたり、時間がもてない時にはカタログギフトがおすすめ。最近では、オンラインショッピングでもカタログギフトを購入。のしをつけて発送するところまで提供してくれるショップも多いので心強いですね。

職場の仲間への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

職場の仲間への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

職場の仲間から出産祝いをいただいたのに、気が付くともう産後1か月が過ぎてまだ出産内祝いをお返しできていない・・・。これは、なるべく避けたい事態ですが、万が一遅れた場合には、出産内祝いの品物だけを郵送でお返しするのではなく、お手紙や詫び状を添えて気持ちが伝わるような配慮が社会人としては必要ですよ。お手紙に記しておきたい内容は、①お祝いをいただいたことに対する感謝の気持ち②母子共に健康などといった報告③出産内祝いを郵送で贈ることに対するお詫び④出産のご報告やお礼が遅くなってしまったことに対するお詫び、以上の4点は必ず記載しておきましょう。お祝いをくださった職場の仲間が上司・先輩か、同僚・後輩かによって言葉選びを変えることは言うまでもありませんね。また、これからも仕事でお世話になる間柄ですから、お返しが遅れたことに対するお詫びで文章が終わることがないよう、今後ともよろしくお願いしますといった締めの挨拶も忘れずに。出産内祝いの品物としては、個別にいただいたお祝いならタオルやスイーツ、洗剤や入浴剤などの消耗品が人気。お返しの予算が2000円以上になるようなら物をお返しでもらうよりもカタログギフトをもらった方が選べるので嬉しいという意見も多いですよ。同じく、連名でいただいた場合にもスイーツのカタログギフトでお返しを用意する人も。職場で忙しい仕事の合間にちょっとつまんで食べていただけるのが喜ばれるポイントですね。

職場の仲間への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

職場の仲間への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

職場の仲間から出産祝いをいただいたら、どのような品物を出産内祝いに選んでお返しすると喜ばれるでしょうか?よく言われるのは、職場へのお返しは大勢で取り分けできるお菓子の詰合せなどがベストという意見です。確かに、個包装されているお菓子は職場への手土産などでもいただくことが多い定番アイテム。分ける際の手間もなく、休憩時間にあると嬉しいお菓子は喜ばれること間違いなしですよね。このようにお菓子をお返しする場合にはスイーツのカタログギフトをお返しするといった方法もありますよ。お好きなものを職員さんに選んでいただけるので味の好みがわからなくても安心して贈ることができますね。逆に、職場の仲間へお返しで選んではいけないと言われるのが、この逆で取り分けしにくい品物です。同じお菓子でもホールケーキやロールケーキなどは生もので賞味期限も短く、誰かが取り分けて盛り付けしないといけないという手間が。仕事中にさらに仕事を増やしてしまうことになるので贈ってはいけないと言われるのも納得です。また、縁起が悪いので避けた方が良いと言われる出産内祝いは、ハサミ、日本茶、白いハンカチなどの弔事を彷彿とさせるアイテムや縁を切ることを意味するアイテム。うっかり職場の皆さんでお茶でも飲んでいただきたいと日本茶をお返ししないように気をつけましょう。カタログギフトをお返しする際も同様に、連名でいただいたお祝いに対しては取り分け可能な商品が多数掲載されているカタログギフトを選ぶのがポイントですよ。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧