兄弟・姉妹への出産内祝い3

コンテンツ一覧

兄弟・姉妹への出産内祝いに関するタブー

兄弟・姉妹への出産内祝いに関するタブー

赤ちゃんが誕生した際に、自分の兄弟・姉妹から出産のお祝いをいただいた場合、お礼の気持ちを込めて贈る出産内祝いはどのような基準で選ぶと良いでしょうか?まず、結婚している兄弟・姉妹の場合ですが、よくタブーと言われるのは自分の兄弟・姉妹の趣味や好みの偏った品物を出産内祝いに選ぶという方法です。なぜなら、兄弟・姉妹が結婚している場合には、いただいたお祝いはその家庭からいただいたものであるという認識が足りていないと受け取られるため。兄のコレクションしている品物を良かれと思ってお返しに選んでも兄嫁からすれば自分は蚊帳の外に置かれているという印象を持ってしまうのもわかりますよね。そこで、結婚して所帯をもっている場合には、そのご家庭の皆さんに対して喜ばれそうな出産内祝いを考えるようにしましょう。一方でまだ未婚の兄弟・姉妹からお祝いをいただいた場合には、家庭を意識する必要がないので兄弟・姉妹が喜びそうなものをお返しに選ぶと良いですね。お返しの予算的には、年上の兄弟・姉妹には3分の1返し、年下ぼ場合には半返しが基本。これは結婚していようがいまいが同じ基準です。お返しの金額が多すぎても少なすぎてもタブーとされますから、特に別で所帯をもっている兄弟・姉妹に対するお返しは金額を間違えないようにきっちりした方が兄弟の顔も立ちますね。このようにお伝えしましたが、自分の兄弟なら好みがわかるものの兄弟の家庭で喜ばれるものとなるとわからないという人が多いのではないかと思います。そんな場合にはカタログギフトがおすすめ。どちらかと言うと、生活雑貨やキッチンツール、スイーツカタログなど奥様の好みに寄せたカタログギフトを贈る方が喜ばれるようですよ。

兄弟・姉妹への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

兄弟・姉妹への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

出産祝いをいただいたら、産後1か月を目安に出産内祝いを用意して贈り、感謝の気持ちをお伝えするのがマナーですね。しかし、出産祝いをくれた相手が兄弟・姉妹の場合はどうでしょうか?ついつい兄弟・姉妹間で出産内祝いはいらないかな?などと思っているうちにお返しの時期が大幅に遅れたなんてこともありますね。すでに先に出産を経験した兄弟・姉妹にお祝いを渡したものの出産内祝いのお返しはなしだったので、”お返しはお互いになしで”という了解を得ている場合などは別として、基本的には兄弟・姉妹間であってもいただいたお祝いの金額から考えて年上には3分の1返し、年下には半返しで用意するものと言われます。特に、兄弟・姉妹が結婚して別で家庭を築いている場合、パートナーである義兄弟に当然出産内祝いが贈られてくると思っていたのになかなか来ないと思われては兄弟・姉妹の顔も立ちませんので遅れたなんてことがないようにしたいものです。しかし、やむを得ずお返しが遅れたという場合には、出産内祝いにお手紙を添えて渡すようにしましょう。お手紙には、お祝いをいただいたことへのお礼、近況や赤ちゃんの様子、お礼やご報告が遅くなってしまったことへのお詫びを記すようにしたいです。こうしてお手紙が添えられていることで受け手の気持ちも随分変わるものですよ。出産内祝いに関しては、何にするか迷うような時、用意する時間的余裕が持てない時にはカタログギフトが便利ですよ。特に家庭をもつ兄弟・姉妹への内祝いでは家庭内で何をもらうと嬉しいかが分かりづらいので、相談して好きなものを選んでいただけるカタログギフトがおすすめです。

兄弟・姉妹への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

兄弟・姉妹への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

兄弟・姉妹からもらった出産祝い。お礼の気持ちを込めて出産内祝いをお返しするつもりではいるものの、何でもいいの?自由に選んでいいの?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?この出産内祝いには、兄弟・姉妹でなくても選んではいけないと言われる品物がありますので、まずはそれらを間違えて選ぶことがないように知っておきましょう。まず、日本茶やハンカチ。弔事の内祝いで用意されることが多いこれらの品物は出産内祝いには不向きと言われます。日本茶を贈るつもりだったのなら、ちょっと変えてコーヒーや紅茶バックの詰め合わせにしてみてはいかがでしょうか?ハンカチの場合はタオルが良いかもしれませんよ。”縁を切る”という意味をもつ刃物も贈ってはいけないといわれるもののひとつ。若い世代で特に女性はキッチンツールをもらうと嬉しいという声も多いのですが、その場合には現物ではなくカタログギフトを選ぶことをお勧めします。キッチンツールや生活雑貨が掲載されているカタログギフトがありますので、これなら直接的に刃物をお返ししたという意味合いはなくなりますね。また、品物ではありませんが、兄弟・姉妹が結婚して家庭を築いている場合には、その家庭に対して喜んでいただけそうな出産内祝いを選ぶというがマナーです。よく、兄弟・姉妹の好みに合わせて内祝いを選んでしまいがちですが、それってパートナーや子どもが見ても喜ぶかな?と今一度考えてから選びたいですね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧