友人への出産内祝い3

コンテンツ一覧

友人への出産内祝いに関するタブー

友人への出産内祝いに関するタブー

赤ちゃんが生まれたと知って、友人がお祝いを持って会いに来てくれたり、お祝いを品を贈ってもらったという人も少なくないのでは?そこで、お祝いをくださった友人に対しては出産後1か月くらいをめどに出産内祝いを用意して贈らせていただくことでお礼の気持ちを伝えましょう。出産内祝いと聞いて、思い浮かぶ品物は複数あると思うのですが、親族に贈るのは良くても友人など親族以外の人に贈るのはタブーと言われる品物もあります。例えば、赤ちゃんの名入れグッズ。タオルやハンカチに赤ちゃんの名前を刺繍してもらって贈るといった記念品のお返しは祖父母などごく近しい親族からは好評なのですが、血縁関係のない方へ贈るとちょっと迷惑になることも。”どういう気持ちで使っていいかわからない””処分するにも心苦しくて困る”といった意見が多数ですから注意したいですね。赤ちゃんお顔写真入りアイテムなども同様に避けましょう。また、縁起物としてお米を贈ることも多いですが、こちらもタブーとまでは言われなくても友人からすれば期待外れと思ってしまいがちな内祝いの代表格。お互いにママ同士の関係なら内祝いの本来の意味合いである”赤ちゃん誕生の喜びを分かち合う”を理解してもらえますが、未婚でまだ若い友人には今一つ意味合いが理解されないこともあるようです。内祝いで無難なものというとカタログギフトでしょうか?カタログギフトは全世代に人気の高い出産内祝いで最近は選ぶ方がますます増えているようです。迷った時の候補として覚えておきましょう。

友人への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

友人への出産内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

出産内祝いは本来、産後1か月頃をめどに贈るものと言われていますが、中には産後バタバタしていて準備が遅れたという事態になることもあるでしょう。準備が遅れた場合におすすめしたい出産内祝いはカタログギフトです。友人のように若い世代の人からはお返しにもらって嬉しい品物を調査すると常にカタログギフトが上位にランキングされますし、カタログギフトなら現物を見に行かなくてもオンラインで注文が完了し、当たりはずれもありません。多くのショップではのしをかけたり配送を無料でするサービスが提供されていますから、手間がかからないという点、すぐに準備が完了するという点で優れていますよ。また、同じく、メッセージカードを無料で付帯できるサービスを提供しているショップも多くあります。お返し時期を過ぎてしまってから手配する場合には、ぜひこのサービスを利用して、出産内祝いが遅れたことへのお詫びの気持ちが友人に伝わるようにしたいですね。内容は簡潔でもOKだと思います。お祝いをくださったことへの感謝やお礼やご報告が遅くなったことへのお詫びを友人に向けた自分の言葉で伝えましょう。また、お手紙を書いて添える場合には、これらに加えて母子の健康状態、赤ちゃんの様子、落ち着いたらまた遊びに来てほしいなどといったメッセージを加えて気持ちを伝えると受け取った友人としても嬉しいですね。もし、お祝いで赤ちゃんの服やおもちゃなどをいただいたのなら、”いただいたお洋服を早速着させてもらってます”、”いただいたおもちゃがすっかり○○のお気に入りです”などと活躍している様子を報告しても良いですね。

友人への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

友人への出産内祝いでお贈りしてはいけないもの

出産のお祝いを友人からもらったという場合、お返しに選ぶ出産内祝いで”これは避けたほうが良い”、”これはお返しに選んではいけない”と言われるものはあるのでしょうか?お返しする相手が友人であろうとなかろうと、一般的に日本茶や刃物は弔事の内祝いを連想させたり、縁を切るという意味合いをもつことなどから慶事の内祝いには不向きと言われています。また、出産内祝いを郵送する場合は良いのですが、持ち帰ってもらう場合には食器のように重たいものやかさばるものを選んではいけないとも言われます。これは、持ち帰る際に友人の負担になるためで、同じ理由から生もの(当たりやすい果物や生ケーキなど)も避けた方が良いと言われます。出産内祝いにお菓子は人気商品なのですが、持ち運びや郵送時のことを考えてお菓子を選ぶなら、焼き菓子やチョコレートなど日持ちするもので形が変わりにくいものを選ぶようにしたいですね。友人数名から連名でお祝いをいただいた場合には、毎日会う仲間内ならみんなで分けれるお菓子の詰め合わせなどをお菓子に贈るのもひとつ。もしくは、連名でいただいたお祝いでも1つ1つ少額になりますが、個別にお返ししても良いですね。避けたいのは分けることができないものを1つお返しする方法。これは、お返しを受け取った人を含め、誰がもらうか?みなさんを困らせる原因になるので気を付けましょう。また、お互いに好みの分かり合った友人なら内祝いも思いつきやすいですが、今ひとつ相手の好みがわからないという場合は、カタログギフトをセレクトしてみては?若い世代ではお返しにもらうものはカタログギフトが嬉しいという意見が多数です。あまり好みを問わないタオルや消耗品をセレクトするかカタログギフトをセレクトするかが無難かもしれませんね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧