出産祝いお返しの「のし」の書き方2

コンテンツ一覧

出産祝いのお返しの「のし」は「御礼」でいいの?

出産祝いのお返しの「のし」は「御礼」でいいの?

出産祝いのお返し のしの表書きには、「内祝」、「出産内祝」と「御礼」の2つがあります。一般的に、お祝いをいただいてそのお返しとして贈る場合は、「内祝」、「出産内祝」を使います。そして生まれた子供の名前を記入します。その子供にとって、生まれて初めてのありがとうの贈り物です。子供の名前が読みにくい感じの場合は、読み仮名をふっておくとお相手も安心されますよあ。単なるお返しではなく、お世話になった方への出産祝いのお返し のしは、その分の気持ちを込めるために「御礼」の表書きで、両親の名前を記入する場合もあります。良く利用されるのは「内祝」、「出産内祝」の表書きです。友人や会社の同僚へ送る場合は大抵、「内祝」となります。「内祝」、「出産内祝」としておけば、まず間違いはないと覚えておきましょう。商品でなくカタログギフトの場合も同様です。カタログギフトを送る場合は、購入するショップに出産祝いのお返し のしについて質問して、用途にあったのしを付けてもらうと良いですね。最近では堅苦しくないのしも増えてきているようです。「命名○○(名前)」などを表書きにし、かわいらしいデザインののしをつけるも人気です。ただ、目上の方にはきちんとしたのしで送りましょう。

出産祝いのお返しの「のし」の書き方

出産祝いのお返しの「のし」の書き方

出産祝いのお返し のしの書き方としては、「出産内祝」「内祝」「寿」などの表書きに、生まれた子供の名前だけを記入します。振り仮名もつけておくと、お返しのお相手が間違えることなく覚えやすいのでおすすめです。その子供に親近感を抱いていただくこともできますよ。気を付けたいのが「内祝」に「い」がつかないことです。(×内祝い)間違えやすいので気を付けましょう。書き方を間違えるとありがとうの気持ちも少し薄れてしまうことがありますので、正しいのしをつけて送りましょうね。特に目上の方のお返しには、特に失礼の無いようにきっちりと正しいのしをつけましょう。また、出産祝いのお返し のしの場合は、紅白蝶結びの水引ののし紙を用意します。出産内祝いは、何度でも繰り返したいお祝いですから、それを意味する蝶結びを使うのです。カタログギフトも商品と同様に、きちんとのしを書きましょう。カタログギフトの場合はお店から直接カタログを送る場合が多いですから、自分で確認をすることなくお相手の手元に届くことになるので、のしの間違いなどが無いように、発注の際はしっかり確認しましょう。信頼できるお店だと、間違いなどはしっかり確認してくれるところが多いので、安心ですね。

出産祝いのお返しの「のし」は内のし?外のし?

出産祝いのお返しの「のし」は内のし?外のし?

外のしは包装紙などの上からかけるのしで、目立ちます。主張したい贈り物の時に使われます。先方にすぐ目的が伝わるので、出産祝いや結婚祝いなどは外のしで送ることが多いです。一方、内のしは商品に直接のしをかけます。その上から包装紙などでくるむので、外から見えずに目立ちません。出産祝いのお返し のしの場合は目立たず控えめに贈るのが好ましいとされているので、一般的には内のしでお返しを送ります。こちら側のお祝いにかかわることなので、目立った表現より控えめな表現をしたほうが良いのです。ただ、地域や風習によっても違ってきます。出産祝いのお返し のしの内 外どちらかはそんなに厳密に決まっていないので、迷うなら内のし、と覚えておけばよいです。お返しを送るお相手も、内のし外のしにこだわる方もたくさんはいらっしゃいません。カタログギフトも同様内 外は決まっていませんが、大抵のお店では、内祝いは内のしで仕上げてくれます。言わなくても常識に準じて準備してくれる通販のカタログギフトは、間違いがなくとっても強い味方ですね。内祝い限らず、宅配便での贈答品は内のしがおすすめです。配送中にのしが傷ついたり破れたりしないよう、内のしが無難です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧