取引先への出産祝い1

コンテンツ一覧

取引先への出産祝いに贈りたいプレゼントランキング

取引先への出産祝いに贈りたいプレゼントランキング

取引先の方に出産があれば出産祝いを贈る事になるかもしれません。この出産祝いですが、実際にどのような物がよく贈られているかですが、定番としては赤ちゃんの洋服や玩具などが人気の品と言えるでしょう。ですが、この洋服や玩具は、他の方のお祝いと被ってしまったり、サイズが合わない、好みが合わないなどの理由から、贈ったものの実際には使って貰う機会が無かったなんて事もよく聞く話しであります。そこで最近ではカタログギフトを出産祝いに贈る人が増えてきているのです。出産祝いに贈りたいプレゼントランキングでも堂々の1位と言えます。実際に貰って嬉しい出産祝いとしては、本音はお金かもしれませんが、お金は贈る側としてはやはり躊躇する贈り物であります。なので貰う側の本音としては嬉しい贈り物でしょうが、贈る側が贈りたいと思うランキングには入って来ないのです。確かに産後は物入りな時期なのでお金を頂けると有り難いのでしょうが、カタログギフトもカタログ内には限りますが、好きな商品を自由に選べるので貰って嬉しい贈り物に違いはありません。特に取引先への出産祝いとなりますと、プライベートな関係ではないのでお金を贈るというのは更に躊躇する事でしょう。このような時にカタログギフトは正に救世主と言えます。

取引先への出産祝いギフトに関するマナー・常識

取引先への出産祝いギフトに関するマナー・常識

取引先の方に出産があった場合、出産祝いを贈る事になるかもしれません。この出産祝いですが、一般的相場が5千円から1万円ぐらいと言われているので、あまりにも高額なお祝いを贈るのも相手の方に負担になってしまうので相場程度のお祝いを贈るというのもマナーの1つと言えるでしょう。次に贈る時期ですが、まず出産前に贈るというのは絶対的にマナー違反です。普通は産後1週間から1ヶ月の間に贈るのがマナーとされています。もしそれより出産祝いを贈るのが遅れてしまうような場合には、お祝いに添えるお手紙に遅れてしまった事へのお詫びの一文を入れるとよいかもしれません。そしてどのような品を出産祝いに選ぶかですが、相手の方に喜んで貰える物を贈るというのが大前提でしょう。ですが、相手が取引先の方となると、個人的にそこまでお付き合いの無い場合も多いでしょうし、好みが分からないといった場合がほとんどかもしれません。そのような時に重宝する贈り物としてカタログギフトがあります。カタログギフトなら、相手の方に品物を選んで貰う事になるので、相手の方の好みが分からなくても安心して贈る事が出来るのです。そして最後に、この出産祝い、のしを付けて贈るようにしましょう。のしは紅白蝶結びの水引が付いたのしを使用し、水引の上には「御出産祝」と書き、下に自分の名前を姓のみ、あるいは姓名を書くのが一般的です。

取引先への出産祝いに最適な相場・品物

取引先への出産祝いに最適な相場・品物

出産祝いですが、これは個人的に親しい友人や親族など、プライベートな関係の方にだけでなく、職場の同僚や上司、部下、そして取引先の方など、仕事上付き合いのある方にも贈る場合があります。では例えば取引先の方への出産祝いにつていですが、まず相場としては、だいたい5千円から1万円程度とされています。ですので、あまり相場から外れた額のお祝いをするといのも失礼に当たるので注意しましょう。次に取引先の方への出産祝いに最適な品物ですが、取引先の方となりますと、個人的にそこまでお付き合いの無い場合も多いでしょうから、好みなどもよく分からなかったりするので、カタログギフトが最も無難な贈り物と言えるでしょう。本当のところはお金や商品券、ギフト券などが一番有り難いのでしょうが、贈る側としては「失礼に当たるのでは…」と、なかなか躊躇するところでしょう。その点カタログギフトはお金などとは性質が違いますし、だからと言って品物のように固定される事なく、相手の方に自由に好みの物を選んで貰う事が出来るので、相手を選ばない優れものなのです。このような点から、カタログギフトは取引先の方への出産祝い、更には出産祝いに限らず、あらゆる方へのそしてあらゆる贈り物において、今非常に人気の贈り物なのです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧