職場の仲間への出産祝い1

コンテンツ一覧

職場の仲間への出産祝いに贈りたいプレゼントランキング

職場の仲間への出産祝いに贈りたいプレゼントランキング

職場の仲間が出産するとなると、同じ部署で働く職員連名で、もしくは特に親しくしている同僚なら個人的に出産祝いを贈ることがあるでしょう。職場の仲間となると、日常的に顔を合わす間柄ですからせっかく贈るのなら喜ばれるものを厳選して贈りたいですよね?そこで、受け取る側の立場になって、もらって嬉しい出産祝いについて調べてみました。まず、ランキング上位で人気が高いのは実用品。気の知れた仲なら直接”何が欲しい?”と聞いてみても良いかもしれません。連名で出し合ってお祝いするなら予算をいくら程度と伝えてから欲しいベビーグッズを聞き出すというのも喜ばれるでしょう。予算が1万以上なら抱っこひも、2~3万ならベビーカーやチャイルドシートも購入可能な金額ですよね?希望のメーカーや型番なども併せて確認しておくと良いでしょう。また、個別に贈る場合ですが、5千円から1万円程度の予算ならベビー服(特にすぐ着用できるロンパースなど)がランキング上位のギフトです。肌着は何枚も必要ですし、外出着ではないので好みをそれほど問わない点も贈りやすいポイント。その他、ギフト券や商品券も実は喜ばれているようです。どうしても入用なことが多い時期ですから、正直現金に近いこの手の商品は助かるのでしょうね。意外と人気が高かったのは、赤ちゃんへの贈り物ではなくがんばったママへのご褒美ギフト。これは盲点ですが、もらうと感激!という意見多数です。例えば、カタログギフトでママの好きそうな雑貨カタログ。もしくはスイーツ特集のカタログギフトを贈るなんていかがでしょうか?ママへのギフトなら他の人の出産祝いと重なる心配もなさそうですね。

職場の仲間への出産祝いギフトに関するマナー・常識

職場の仲間への出産祝いギフトに関するマナー・常識

職場の仲間に赤ちゃんが生まれた場合、出産祝いを贈る際に気をつけたいマナーはあるでしょうか?まず、職場の仲間が上司か同僚もしくは部下であるかで気をつけたいのが予算です。一般的な相場からすると、上司の場合には5000円、同僚や部下の場合には3000~5000円だと言われています。とりわけ普段からお世話になっている上司の場合には1万円の予算でも多すぎるということはないでしょう。出産祝いを贈るタイミングは産後、母子共に健康であることを確認できてからがマナー。時期的には産後1か月以内に贈るようにすれば良いでしょう。ただ、産後1か月のタイミングでお祝をくださった方へ、出産内祝いをお返しするママが多いので、1か月ギリギリよりもなるべく早く余裕をもって遅れる方が喜ばれますね。職場の仲間となると、連名でお祝いを出し合って現金でお渡しすることもあるかもしれません。もらう側としてはたくさん包んでもらうほど嬉しいと思ってしまいますが、出し合った合計金額が4や9のつく数字であった場合にはもう少しずつ足して5又は1になるように金額を調整しましょう。やはり縁起の悪い数字は出産祝いにするのは非常識なので注意しましょう。お祝いは、ベビー服、ベビーグッズなど実用品が喜ばれる傾向にありますが、何を贈って良いのか好みがわからない場合にはカタログギフトも良いでしょう。出産祝い向けのベビー・キッズ用品が掲載されたものや、赤ちゃんの必需品であるタオルのカタログギフトなどをセレクトすると喜ばれそうですね。

職場の仲間への出産祝いに最適な相場・品物

職場の仲間への出産祝いに最適な相場・品物

職場の仲間へ贈る出産祝いについて、相場はどの程度がご存知でしょうか?一般的には、上司に贈る場合は5000円、同僚や部下の場合には3000~5000が相場と言われています。もっと高級な品物を贈りたいと考えていても、お返しは半返しが基本ですから、先方も高いものをもらって喜んでばかりはいられないのです。親戚などは現金でお祝いを渡すことも多いですが、職場の仲間となると多くは品物。お返しに必要な金額が多くなると、それはそれでママの経済的な負担にもなるので考慮した方が親切かもしれませんね。また、出産祝いを品物で贈るのなら、出産時には実用的なものが好まれます。消耗品であるオムツやおしりふきなどもそうですし、すぐに着用できるロンパースなどベビー服、おくるみやブランケットなども人気。連名でお祝いを用意する際に予算がそれなりに多いのなら、直接”いくらくらいの予算でみんなでお祝いしたいんだけど何か欲しいものあるかな?”と確認してみるのも良いでしょう。実は抱っこひもが買えてなくて、チャイルドシートは持ってないの、ということがよくあるので予算的な余裕があるなら聞いてもらうと助かることが多いようですよ。そんな直接聞くようなことはできないという場合には、カタログギフトをセレクトするのはどうでしょうか?赤ちゃんが生まれるとミルク作りに湯沸かしケトルが欲しかったり、離乳食作りにミキサーが欲しいなどあれば便利な家電が増えますので、キッチンツールのカタログギフトなんかも喜ばれるでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧