親戚への出産祝い3

コンテンツ一覧

親戚への出産祝いに関するタブー

親戚への出産祝いに関するタブー

親戚に赤ちゃんが生まれたら、出産祝いを渡そうと思いますよね。でも、出産祝いといえば、服やおもちゃやカタログギフトなどがありますよね。その中でも、赤ちゃん用のカタログギフトは、好きな物を選んで注文できるという点で相手からも好まれることが多いです。でも、親戚へ出産祝いを贈る時には、いくつかのタブーがあることはご存知でしょうか?出産祝いは、いつ贈ってもいいわけではないようです。また、贈るときの中身にも気をつけることがあります。まず、出産祝いを贈る期間ですが、赤ちゃんが生まれてから7日目から1ヶ月以内に贈るのが一般的です。特に、まだ生まれる前にお祝いを贈るのはタブーとされています。万が一の場合もありますし、出産前にお祝いをもらってしまうと、妊婦さんにとってはプレッシャーになってしまいます。また、生まれてから半年以内なら、お祝いを贈っても問題ないとされています。ただ、その期間を過ぎてしまうこともあるでしょうか。その時は、1歳の誕生日にプレゼントとして贈るのがよいとされています。また、4や9という数字は避けたほうが無難です。お祝いの中身が4品、というのも避けたいところです。親戚に赤ちゃんが生まれると、嬉しいものですよね。出産祝いを贈るときには、タブーとなることには気をつけてください。

親戚への出産祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚への出産祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚に赤ちゃんが生まれたら、出産祝いを贈りますよね。カタログギフトや服などが一般的でしょうか。でも、事情があってお祝いが遅れたりすることもあるかもしれませんね。そんな時はどうしたらよいのでしょうか。一般的に、親戚への出産祝いが大幅に遅れてしまうのはタブーとされています。でも、遅れた場合でも、お祝いする気持ちはあるということを伝えるのは、とても大切です。謝罪の手紙と一緒に、出産祝いを贈るのがいいです。その時は、出産祝いと同時に、謝罪の気持ちということで、カタログギフトなども一緒に贈るといいです。手紙には、お祝いの気持ちを書きます。万が一出産したことを忘れてしまっていたとしても、それを書くのはタブーです。文例としては、元気な赤ちゃんを出産されておめでとうございます。お祝いが遅れてしまい、申し訳ございません。産後の育児はいかがですか。大変なことも多いと思いますが、応援しています。くれぐれも、身体を大切にされてください。また、赤ちゃんに会える日を楽しみにしています。などがいいです。あまり、出産祝いが遅れた理由をはっきり書かないほうがスマートでしょう。理由は書かずに、お祝いの気持ちを丁寧に伝えるのが賢いです。

親戚への出産祝いでお贈りしてはいけないもの

親戚への出産祝いでお贈りしてはいけないもの

親戚に赤ちゃんが生まれたら、出産祝いを贈りますよね。でも、何を贈ればいいか迷うこともあるのではないでしょうか。一般的によく聞くのは、服やカタログギフトなどでしょうか。親戚の人が何かを希望していれば、品物を決めやすいですが、そうでない場合は迷ってしまいますね。赤ちゃん用品のカタログギフトなどは、好みのものを選んでもらえるので、喜ばれるかもしれません。でも、出産祝いとして贈ってはいけないとされているものもあります。例えば、お母さん用の育児における便利グッズなどです。実際にそれを使うかどうかは人それぞれです。好みに合えばいいですが、そうでない場合は使われずに終わってしまうことがほとんどでしょう。人によって育児のやり方も違うので、それに関する物は贈らない方が無難です。また、ベビーシューズは贈ってはいけないとされています。赤ちゃんの足の成長は予測不可能なので、その大きさの靴を履く機会があるかは分かりません。靴を贈りたいのなら、大きくなってから贈るのがいいです。また、オムツケーキもあまり好ましくありません。オムツの種類によっては、肌が敏感な赤ちゃんの場合、かぶれてしまうこともあります。お母さんの好みも大きいものなので、贈らない方が無難です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧