兄弟・姉妹への出産祝い3

コンテンツ一覧

兄弟・姉妹への出産祝いに関するタブー

兄弟・姉妹への出産祝いに関するタブー

兄弟・姉妹が出産されたら出産祝いを贈る事になるでしょう。兄弟・姉妹への出産祝いの相場としてはだいたい1万円前後と言われています。出産祝いを贈る相手が兄弟・姉妹ですし、金額的にも1万円前後なのでお金や商品券といった物を贈る人も多いでしょう。産後は何かと物入りな時期なので自由に使って貰えれるこのような物を贈ると喜ばれるのは事実です。又、もし具体的に欲しがっている物を把握していたり、それが聞き出せるようなら、その品物を贈るというのもありです。どのような物を贈るにせよ、出産祝いのタブーとして、産前に出産祝いを贈るというのは絶対にタブーとされています。気が早い人なら産前に贈ってしまいそうですが、出産する本人にしたら無事に出産してもいない内に出産祝いを渡されるというのは非常にプレッシャーになってしまうからです。一般的に産後1週間から1ヶ月以内の間に渡すのが礼儀とされていますが、相手が兄弟・姉妹という事なので、そこまで厳密にこの期間を意識する事もないでしょうが、産前に渡す事だけはやめましょう。そしてもし、お金や商品券を贈るのもなんだし、だからと言って品物も思い付かないといったような場合にはカタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら本人に好きな品物を選んで貰う事が出来るので、失敗する事が無いでしょう。

兄弟・姉妹への出産祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

兄弟・姉妹への出産祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

兄弟・姉妹に出産があれば必ずと言っていいほど出産祝いを贈る事になるでしょう。この出産祝いですが、贈るのに最適な時期というのがあります。それは産後1週間から1ヶ月以内を目処に贈るという事です。この産後1週間ですが、それは誕生した日から7日目の夜を「お七夜」と言って、無事に1週間を過ごせた事をお祝いする行事があるので、無事に1週間を経た事を確認してから出産祝いを渡すのが礼儀とされているからです。そして産後1ヶ月を目処にと言うのは、産後1ヶ月前後にお宮参りに行く人が多いからです。この産後1ヶ月を目処に出産祝いのお返しである出産内祝いをお返しするのが一般的なので、それぐらいまでにはお祝いも渡しておいた方がよいという事なのです。もしこれより遅れた場合には、出産祝いに添える手紙にその旨を入れるとよいでしょう。この手紙の書き方としては、まず赤ちゃん誕生のお祝いの言葉、今後の成長をお祈りする言葉、そして遅れた事へのお詫びの1文を入れましょう。次にどのような物を贈るかですが、兄弟・姉妹への出産祝いとしてはお金や商品券も人気の贈り物ですが、今はカタログギフトも非常に人気の贈り物と言われています。出産祝い用の可愛らしいテイストのカタログギフトもあるのでそれを贈ってはどうでしょうか?

兄弟・姉妹への出産祝いでお贈りしてはいけないもの

兄弟・姉妹への出産祝いでお贈りしてはいけないもの

兄弟・姉妹に出産があれば出産祝いを贈る事になるでしょう。この出産祝いですが、無事に出産されてから1週間ぐらいが過ぎた頃から、遅くても産後1ヶ月以内を目処に贈るのが常識と言われています。次に予算ですがだいたい5千円から1万円ぐらいでしょう。よく選ばれる贈り物としては兄弟・姉妹なのでお金や商品券も多いでしょうし、最近ではカタログギフトも非常に人気の贈り物です。出産祝い用のカタログギフトといのもあり、これらのカタログギフトならベビー用品がたくさん掲載されていますし、見た目も非常に可愛らしくとても喜ばれる出産祝いと評判です。次に出産祝いで贈ってはいけないとされているものに、具体的な品物としてはそう無いのですが、4や9といった縁起の悪い数字を連想させる物やそのような個数は贈ってはいけないとされています。品物ではベビー服やファーストシューズを贈る人も多いでしょうが、直ぐに着せたり履かせたりするような物よりは、ある程度成長してから使える物を贈る方が喜ばれる傾向にあるでしょう。この場合、その月齢や年齢の頃の季節を考える事も大切です。 ただ、このような品物は好みがはっきり出て来るところがあるので、もし好みがよく分からないようならやはりカタログギフトなどが無難な贈り物かもしれません。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧