親戚への入学内祝い3

コンテンツ一覧

親戚への入学内祝いに関するタブー

親戚への入学内祝いに関するタブー

子どもが小学校や中学校に進学する際、子どもから見て祖父母や叔父・叔母といった親戚から入学のお祝いをいただくことがありますね。入学祝いはたいてい4月で入学式を迎える前にいただくき、ドタバタと入学準備。それらが落ち着いて4月中旬にもなると、”入学祝いをいただいた親戚へ何かお礼をしなくて良いのかな?”と気になり出す人も多いかと思います。さて、親戚への入学内祝いというのは必要でしょうか?また、お返しに入学内祝いを用意するならどのくらいの予算でどういったものをお返しするべきでしょうか?まず、入学内祝いは用意すべきかどうかですが、回答としてはどちらでもOKです。詳細には、入学祝いのお返しは基本的に必要ないと言われるもの。ただし、丁寧に対応するとすればいただいたお祝いの金額から考えて3分の1~半額くらいでお返しの品を用意することになります。お返しの品には選んではいけないと言われるタブーな商品があるので注意が必要。当然のことながら現金でお返しするのは最もタブーです。お返しを突き返したように受け取られるので絶対に避けましょう。また品物としては、肌着や靴下など腰から下に身に着けるものは避けるように言われます。年配の親戚なら寒さ対策として靴下のセットなど贈ろうかと考えてしまうこともありますが、失礼にあたりますので覚えておきましょう。内祝いで特に相手に気を遣わせないアイテムとして評判が良いのはカタログギフトです。カタログギフトは、現金や商品券と違ってギフトの品という感覚があり且つ、好きなものを選べる点でハズレがない優れもの。2000円代からそこそこカタログを選べる点も嬉しいですね。

親戚への入学内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚への入学内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

子どもが学齢期を迎え入学を控えているにあたって、親戚の方(祖父母や叔父、叔母、従妹など)から入学祝いをいただくこともあるでしょう。基本的に、親戚に限らず入学祝いに対してはお返しとして入学内祝いを用意する必要はないと言われていますが、お祝いが高額であった場合や、すでに親戚のお子さんに入学祝いを渡した折お返しで入学内祝いをいただいたとなると話は別。こちらとしても入学内祝いを用意して丁寧に対応することで感謝の気持ちをお伝えしましょう。しかし、こういったお返しすべき状況であるにも関わらず、気が付くとお返し時期が遅れた方もいらっしゃるのではないでしょうか?本来なら、入学内祝いは入学式後1か月以内にはお渡しすべきもの。しかし、これ以上遅れたとなると、内祝いを郵送する際にはお手紙を添えて一言お礼が遅くなったことに対するお詫びを伝えるのが大人のマナーですよ。もちろん、これら内祝いをお返しする前に、お祝いをいただいたら3日以内にお礼の電話を差し上げることは大前提です。お手紙には、入学のお祝いをいただいたことに対する感謝の気持ち、お祝いが新生活スタートに役立っているという報告(いただいた文具セットを持ってご機嫌で小学校に通っています等)、お礼が遅くなってしまったことに対するお詫び、に関しては少なくとも記すようにしましょう。また、親戚の方ですから、入学式の日の写真を1枚添えるなどすると成長の様子が手に取るように伝わるので喜ばれますよ。内祝いでは現金がタブー。できれば商品券やギフト券など現金に近いものも避けたいですが、品物となると何が好みかわからないことも。そんな時には、カタログギフトを選んでみては?年配の親戚にはグルメ、同年代の親戚なら生活雑貨などのカタログギフトが喜ばれるのではないでしょうか。

親戚への入学内祝いでお贈りしてはいけないもの

親戚への入学内祝いでお贈りしてはいけないもの

親戚の方から子どもの入学に際してお祝いをいただいた場合、何かお礼に入学内祝いを用意しようというご家庭も多くありますよね。基本的には、お祝いごとの中でも入学祝いに関しては、お返しは必要ないとされますが、いただいたお祝いが高額のものであったり、大きい金額を包んでもらった場合などはそうもいきません。また、すでに先方のお子さんが入学を迎えた際にお渡しした入学祝いに対し、きっちりと入学内祝いを用意してお返しを受け取った場合も同じくです。そこで、親戚にお渡しする入学内祝いで人気のあるものを確認してみましょう。まずは、グルメ関連。ちょっと美味しい食べもの・お菓子などはいただて嬉しいものの代表ですね。また、日用生活雑貨なども人気。特にタオルなどの消耗する品物や洗剤類など使ってなくなるものは受け取って困ることもありません。逆にお返しすると困らせてしまうので贈ってはいけないものは当然のことながら現金。あるいは年長者の場合、商品券であってもお渡ししたお祝いの多くが戻されたと感じることが多いので注意したいですね。品物では、肌着や靴下なども贈ってはいけないと言われます。着るものにも困っているという意味合いになるのでこれらを贈ると失礼にあたることを覚えておきましょう。以上から考えると、おススメしたいのがカタログギフトです。受け取って高評価のグルメ系商品も、グルメのカタログギフトを選んで贈ると先方が好みのものを選ぶことができますよ。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧