親戚への入学内祝い1

コンテンツ一覧

親戚への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

親戚への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

子どもへ入学祝いを親戚からいただくと、親としてはお返しに入学内祝いを用意した方がいいのかな?と迷いますよね。マナーとしては、入学祝いに対してはお返し不要と言われますが、地域によっては入学祝いに対してもいただいたお祝い金額の3ぶんの1から半額程度の予算でお返しに入学内祝いを用意するのが常識ということも。他にも、先輩ママの意見を参考にすると、”お返しを用意した方が良さそうな親戚にはお返しした”なんて声もありますます迷うところ。自分の両親など”孫のためのお祝いだから本当にお返しはいらない”とハッキリ意思確認ができている人に対しては、あえて入学内祝いの品物を用意しなくてもOKかと思います。その場合は、お金をかけて品物を購入することよりもむしろ、入学式での子どもの様子をお手紙に綴って、もしくは写真を添えて新生活のご報告を入れる方が喜ばれるでしょう。しかし、やはりお返しを用意した方が良いケースとしては、親戚の子どもが入学の際に、きっちろ入学内祝いをお返しいただいた場合。そこで用意するとすれば、世間一般ではどのような品物が選ばれているか調べてみましょう。よく選ばれているもののランキング上位は、お菓子、コーヒーや紅茶のセット、洗剤や入浴剤など消耗品のセット、カタログギフトでした。このランキング内の品物でもらうと嬉しい、煩わしいと意見が分かれた品物はカタログギフト。理由は年配者の場合、カタログギフトを受け取ると品物と交換する手間を煩わしいと感じてしまうためでした。逆に若い層では、カタログギフトこそ人気。もらうと”やったー!”とガッツポーズすることもあるそうです。親戚の年代に応じて実用品とカタログギフトを贈り分けても良さそうですね。

親戚への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

親戚への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

親戚から入学祝いをいただいたら、お礼やお返しを用意する際に気をつけたいマナーとはあるのでしょうか?まず、入学内祝いを用意する場合ですが、お返しする時期としては入学後1か月以内が基本です。遅くても4月中にはお返しするように用意するのがマナー。当然ながら、お祝いをいただいてから入学内祝いをお渡しするまでに期間が空きますので、人づて、もしくは郵送でお祝いを受け取ったのなら3日以内にはひとまずお礼の電話を入れることを忘れずに。子どもが電話でしっかりとお礼を伝えることができる年齢なら子どもにも直接お礼を伝えさせるようにするよ良いですね。また、親戚の中には祖父母など、特にお返しなんか期待していない、不要だから用意しなくていい、と予め伝えてくださった人もいるでしょう。その場合には、いわゆる入学内祝いとしてお祝いの半返しを目安とするような品物を用意する必要はありません。しかし、子どもの成長や新しくスタートする学校生活へのエールを込めてお祝いをくださったのですから、入学式の写真を添えて新生活の様子など子どもの成長を感じられるようなお礼のお手紙を差し上げるくらいの心遣いは必要と言えるでしょう。親戚へ、お礼の気持ちを入学内祝いで伝える場合にはカタログギフトも良いですよ。内祝いと言うと、お菓子など食べもののセットやタオルといったイメージですが、最近では幅広いラインナップから自由に選択できるカタログギフトの方が受け取り手に喜ばれるとも言われています。

親戚への入学内祝いに最適な相場・品物

親戚への入学内祝いに最適な相場・品物

親戚から子どもの入学祝いをいただいたら、お返しにはいくらくらいでどのような品物を用意し入学内祝いとするのが一般的なのでしょうか?まず、相場からですが、入学内祝いを用意するとすれば、いただいたお祝いの金額から考えて3分の1~半額程度が目安。自分より年上の親戚の場合には3ぶんの1、年下の場合には半額が相場と解釈すると良いでしょう。しかし、多くの場合では親戚からいただいた入学祝いにお返しは不要と言われます。親戚内内の暗黙のルールとしてお互いにお祝いはするけれどお返しはなしでという場合には入学内祝いを用意しなくても失礼にはなりませんので、親戚内のルールを優先されると良いでしょう。次に、用意する場合の品物ですね。入学祝いの定番商品というのは特にないのですが、贈ってはいけないと言われる物は現金、肌着などです。現金や商品券など現金に近い感覚の品物は、せっかくお祝いを渡したのに帰ってきたと思われることが多いので気をつけましょう。また、肌着、腰から下に身に着ける衣類は”着るものにも困っている”という意味で、相手を不快にさせることがあります。避けるようにしたいですね。選ばれているもので多いのは、結婚や出産内祝いと同様に食べもの詰合せやカタログギフトです。年配者の場合はダイレクトに品物が届く方が嬉しいという意見が多いですが、若い層では自由に選べるカタログギフトをお返ししてもらう方が喜ばれるそうですよ。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧