義両親への入学内祝い3

コンテンツ一覧

義両親への入学内祝いに関するタブー

義両親への入学内祝いに関するタブー

お子さんが小学校や中学校など、新しい学校に進学する際には、周りの方々から入学祝いというものを頂く事になるでしょう。このように入学祝いを頂いた場合には、入学内祝いという形で頂いたお祝いの額の半分から3分の1程度の品をお返しするのが丁寧でよいでしょう。この入学祝い、まだ経済力の無いお子さんへのお祝いなので、お返しは不要という考えもありますが、それでも何らかの形でお返しをする方がお勧めです。ではこの入学祝いですが、実両親や義両親、あるいは親戚の方など、身内の方から頂く事が多いはずです。その中でも義両親への入学内祝いとなると少し緊張するのではないでしょうか?まずこの入学内祝いにおいてタブーとされている物があるので、それをご紹介します。そもそもお金を特に目上の方にお返しするのはタブーとされているので、せめて商品券、もしくはカタログギフトをお返しする事をお勧めします。商品券ですとどうしてもお金と同じような物なので、出来たら避けた方がよいかもしれません。それよりは、自由に品物は選べるけどお金とも性質の違うカタログギフトの方が安心してお返しする事が出来るでしょう。他にタブーな品としては、肌着などの直接身につける物や、靴下など踏み付ける物も、目上の方へのお返しには失礼に当たるので、避けるようにしましょう。

義両親への入学内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

義両親への入学内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

自分の子供が新たな学校へ進学する際には、両親や義両親、あるいは親戚の方などから入学祝いを頂く事になるかもしれません。このように子供に対して入学祝いを頂いた場合、まだお金を稼いでいるわけではない未成年に対するお祝いなので、お返しはしなくてもよいという考え方もありますが、受け取ったお祝いの額の半分から3分の1程度ぐらいの額で入学内祝いをお返しする人がほとんどでしょう。この入学内祝い、普通は遅くとも入学式の1ヶ月後までにはお返ししておくのがマナーですが、何らかの事情で遅れたという場合もあるでしょう。このように入学内祝いが遅れた場合には、それを贈る際に、手紙を添え、そこに遅れた事へのお詫びの言葉を記せばよいのではないでしょうか?ではこの手紙の書き方ですが、まず頂いたお祝いに対するお礼、もし頂いた物が品物ならそれに対する感想、そして遅ればしながらささやかなお返しを贈らせて貰う事、最後に新たな学校での抱負などもお子さんに書かせたら両親や義両親宛なら特に喜んで貰えるのではないでしょうか?次にこの入学内祝いによく選ばれている物ですが、お金をお返しするのは失礼に当たるとされているのもあり、最近はカタログギフトが非常によく選ばれています。品物となるとなかなか決めかねますが、カタログギフトなら、相手の方に品物を選んで貰う事が出来るので、そこが選ばれている理由なのでしょう。

義両親への入学内祝いでお贈りしてはいけないもの

義両親への入学内祝いでお贈りしてはいけないもの

お子さんが小学校から大学、時には大学院など、次の学校へ進学する際には両親や義両親、つまりお子さんからしたら祖父母に当たる方々から入学祝いを頂く事になるでしょう。入学祝いとは、お子さんに対するお祝いなので、そもそもお返しは不要という考えもありますが、普通は頂いたお祝いの額の半分から3分の1程度の額をお返しするのが一般的とされています。このお返しを入学内祝いというのですが、この入学内祝いでは贈ってはいけないとされている物があります。まずお金そのものをお返しするのは失礼に当たるとされていますし、品物でも肌着などの直接身につける物や靴下、スリッパなど踏み付ける物も特に目上の方へのお返しにおいては贈ってはいけないとされています。なので、特に義両親や目上の親戚の方へのお返しには注意が必要かもしれません。そうなると先方の好みもよく分からないし、何をお返しに選んでよいか分からないという人も多いでしょう。そこでお勧めのお返しとしてカタログギフトがあります。カタログギフトなら、お返しを受け取った方それぞれに自分の好きな物、必要と思う物をゆっくりと選んで貰う事が出来るので、その方に対してもお返し出来る万能の贈り物と言われています。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧