義両親への入学内祝い1

コンテンツ一覧

義両親への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

義両親への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

子供が小学校や中学校など次の学校へと進学する際において、周りの方々から入学祝いを頂く事になるでしょう。どのような方が入学祝いを贈って下さるかと言うと、まず自分の両親や義両親、つまり子供にとっては祖父母に当たる方々、あるいは親戚、つまり伯父伯母(叔父叔母)や、自分の古くからの友人や職場の同僚などが挙げられます。その中でも両親や義両親は小学校入学なら、机やランドセルなど、中学校以降における入学なら、それなりのまとまった額をお祝いで下さる可能性も高いかもしれません。このようにお祝いを頂いたら、何らかの形でお返ししたいものです。では、このお返しである入学内祝いにおいて、どのような物がよく選ばれているのか、プレゼントランキングで見てみると、まとまった額であれば、商品券やカタログギフト、そこまでの額でなければお菓子やタオルなどが人気と言えます。両親、義両親からはそれなりにまとまった額のお祝いを頂く事が多いでしょうから、商品券やカタログギフトがお勧めと言えます。この2つにおいても、両親や義両親への入学内祝いとなると、商品券だとお金と同じところもあるので、カタログギフトの方がより無難と言えるでしょう。ランキング上でもその傾向が伺えます。

義両親への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

義両親への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

自分の子供が次の学校へと入学する春には、自分の両親、夫あるいは妻の義両親、又、親戚の方々といった身内から入学祝いを頂く事になるでしょう。このように子供に対して入学祝いを頂いた場合、経済力の無い子供への贈り物なのだから、そもそもお返しは必要無いという考え方もありますが、普通は受け取ったお祝いの半分から3分の1程度を入学内祝いとしてお返しする事がマナーであり、そうする人が多いでしょう。ただ、両親や義両親からのお祝いとなると、かなり高額な場合も多いでしょう。そのような場合は、この相場にとらわれず、お気持ちで何かしらお返しすれば充分とされています。次にこの入学内祝いですが、入学式が終ったら早めに、遅くとも1ヶ月後には贈り終えておくべきだとされています。あまり遅くにお返しするのもマナー違反なのです。次にどのような物をお返しするのが一般的なのかですが、お金は失礼に当たるとされているので、せめて商品券か、最近人気なのがカタログギフトです。品物ですと、お返しの定番であるタオルやお菓子などもよく選ばれているでしょう。ただ、商品券ですとどうしてもお金と同じ意味合いがありますし、タオルやお菓子などはお返しする相手次第では好みに合わない場合も少なくありません。それよりは、相手の方に自分で品物を選んで貰う事の出来るカタログギフトが今は人気のようです。

義両親への入学内祝いに最適な相場・品物

義両親への入学内祝いに最適な相場・品物

子供の入学の際には、実両親や義両親(祖父母)や親戚(叔父叔母、伯父伯母)といった身内の方々から入学のお祝いを頂く事になるでしょう。このように身内の方々からの入学祝いの相場としては、最低5千円、普通は1万円以上とされていますが、実両親や義両親からの入学祝いとなりますと、かなり高額な場合も多いでしょう。そしてこの入学祝いを受け取ったら、次に入学内祝いなるお返しをどうするかですが、子供に対するお祝いなのでお返しは不要という意見もありますが、何らかの形で入学内祝いをお返しする方が丁寧でよいでしょう。普通、この入学内祝いの相場としては、頂いたお祝いの額の半分から3分の1程度とされていますが、かなり高額な場合には、お気持ちで多めにお返しする程度でよいとされています。次に入学内祝いに最適な品物ですが、商品券やお菓子、タオルなどの日用品がよく選ばれています。ですが、相手が実両親や義両親となりますと、商品券をお返しするというのも、お金をお返しするようで失礼に当たる可能性もあるでしょう。だからと言って、お菓子やタオルなども好みに合わなかったり、余っていたりとなかなか選ぶのは難しいものです。そこで最近人気のお返しとしてカタログギフトがあります。カタログギフトなら、お返しした本人に品物をゆっくり選んで貰う事が出来るので、安心してお返しする事が出来るのです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧