実両親への入学内祝い3

コンテンツ一覧

実両親への入学内祝いに関するタブー

実両親への入学内祝いに関するタブー

子どもが小学校や中学校への入学を控えている春、親戚から入学のお祝いをいただくこともありますね。特に、子どもからすると祖父母にあたりパパママのご両親からはいただくことが多いのではないでしょうか?入学のお祝いは親戚などごく親しい身内や、とりわけ交流の深い友人間で贈られるものなので有り難く頂戴し、お返しに入学内祝いを用意しなければ失礼にあたるというわけではありません。しかし、祖父母などからいただくお祝いは他の親戚よりも高額である場合が多いので、何もお返しを良いしないというのも気が引けるという場合は、何か入学内祝いをお渡ししてもOK。例えば、実両親への入学内祝いならいただいた金額から考えて3分の1程度、あるいはそれよりも金額を押さえてお返しの品をセレクトするよ良いでしょう。実両親なのに、これより高価なお返しを用意するのはタブーです。せっかくお祝いいただいた気持ちを返すようなものなので注意しましょう。また、内祝いを品物でお渡しする場合、現金返しはもちろんタブー。その他、お祝い事全般で日本茶のお返しはタブー視されますし、肌着などもNGです。その点、贈って安心なギフトの代表と言えばカタログギフト。カタログギフトは実両親の好みに合わせて商品を選んでいただけるだけでなく、カタログギフトそのものが何か意味をもち知らぬ間にタブーを侵している心配がないので選びやすい商品です。

実両親への入学内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

実両親への入学内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

実両親から子どもの入学祝いをいただいたのに、気が付けば5月のゴールデンウィークも間近・・・。入学内祝いをお返しするつもりがすっかり遅れたなんていうことありますよね。義両親やその他親戚、友人にはきっちりと用意していたのに、実両親となると次に会う時にでも渡そうなどと考えているうちにお返しの時期が大幅に遅れたなんてこともよく聞く話です。では、入学内祝いを渡す時期が遅れた場合に気をつけたい対処法はあるのでしょうか?まず、お祝いをいただいてお返しを用意する時間が持てないとう場合は、ひとまず電話を入れてお礼を伝えましょう。本来ならお祝いいただいて3日以内が目安ですが、内祝いのお返しが遅れていることに気づいたらなるべく早くが基本。そして、入学内祝いの品が用意できたら、なるべく早くお渡しします。直接、会ってお渡しできる人は、お子さんを連れて行き直接子どもからもお礼を伝えるようにすると良いでしょう。また、遠方でなかなか直接は会いにいけないという場合は、内祝いの品物を郵送でも構いませんがその際には手紙を添えるようにします。パパママからのお手紙には、”お祝い有難う”、”春先バタバタしていてお返しが遅くなってしまいました”、”いただいたお祝いを子どもも喜んで使っています”、”毎日楽しそうに通学しています”など、感謝の気持ち、お礼が遅くなったことのお詫び、お祝いが役立っていることや子どもの新生活の様子が伝わる内容、を意識して作成されると良いでしょう。入学祝いの品物をなかなか用意する時間がない場合は、カタログギフトでも良いですね。カタログギフトなら現物を見なくても用意しやすいですのでオンラインショッピングでの購入もしやすいですし、ただでさえ用意が遅れているなら時短で用意完了できる頼もしいアイテムです。

実両親への入学内祝いでお贈りしてはいけないもの

実両親への入学内祝いでお贈りしてはいけないもの

実両親から子どもの入学祝いをいただくことは多いと思います。小学校や中学校へ進学する春は、学校生活に合わせて制服やランドセル、文具など何かと用意しなければいけない品物が多いので、実両親にお祝いで値の張るアイテムをプレゼントしてもらったり、お祝いをいただくとパパママとしては非常に助かるかと思います。ごく近しい身内からのお祝いですから特にお返しの入学内祝いは用意しないという家庭もあるでしょうが、中には親しき中にも礼儀ありで入学内祝いをお返しすることで感謝の気持を伝えたい考える方もいるでしょう。その際の品物選びは結婚や出産の内祝いのように、入学内祝いと言えばこれ!という定番アイテムがないので悩ましいかと思われます。中には、内祝いに贈ってはいけないと言われる品物もあるので注意が必要。例えば、日本茶は弔事を思わせるのでお祝いごと全般でお返しに選んではいけないと言われます。また、いただいたお祝いに対して現金を包んでお返ししてはいけないというのは常識。肌着、靴下なども贈っては失礼な品物として有名です。その他、お返しの品物が高価すぎるのも考え物。実両親への入学内祝いなら高くてもいただいたお祝い金額の3分の1程度におさまる品物を選びましょう。これと言った定番がない入学内祝いですが、やはり全ての慶事で支持されているのと同様にカタログギフトは人気が高いようですよ。実両親へ贈るなら、グルメ系や日用品、消耗品のカタログギフトをセレクトすると使い勝手が良いでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧