実両親への入学内祝い1

コンテンツ一覧

実両親への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

実両親への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

実両親から子どもが入学式を控える2週間ほど前に入学祝いを届けてもらってり、入学に際して必要なものをお祝いに購入してもらったという人は多いのではないでしょうか?実両親からいただいた入学祝いに対してはお返しで入学内祝いを用意しなくても失礼、マナー違反にはならないと言われます。しかし、”子どものわがままで予定したいたよりも高額なランドセルを買わせてしまった”などと言う場合、余分な出費を強いてしまった分、何か気持ち程度に入学内祝いを用意してお返ししようかと考えるケースもあるでしょう。一般的に、お返しの予算としては、お祝いでしてもらった金額の3分の1程度が実両親に対する相場。この価格帯から選ばれている入学内祝いランキング上位の品物とは何でしょうか?ランキング上位の品物は以下の通り。まずは食べもの。例えばお菓子の詰合せやコーヒー紅茶のセットなどがよく選ばれています。実両親の年代や味の好みを考えてお菓子は和菓子にしたり、佃煮の詰合せやカニなどちょっと高級な缶詰の詰合せを贈る人も。そこは実両親の好みをよく知るパパ、もしくはママが選ぶと良いでしょう。次に人気なのが消耗品です。日常的に使用してはなくなる洗剤や洗濯を繰り返しているうちに摩耗していくタオルなどのセットが人気です。また、カタログギフトを選ぶ人も多いですよ。カタログギフトは、やはり必要なものを贈りたいということで選ばれているようです。

実両親への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

実両親への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

実両親からの入学祝い。春先は小学校や中学校への入学準備で揃えなければいけない品物がとても多いですから実両親にその一部をお祝いで買ってもらったり、購入の足しにとお祝いをいただくことはとても助かりますよね。そこで、お返しに入学内祝いを用意するのなら、せっかくのご厚意を無駄にすることがないようマナーに気をつけたいところです。まず知っておきたいマナーは入学内祝いをお返しする時期について。通常は入学式を終えれば1か月以内に入学内祝いをお渡しできるようにします。遅くても4月下旬には郵送したいですが、バタバタしていてお返しが遅くなった場合(目安として5月の連休を過ぎるようならば)、入学内祝いにお手紙を添えて一言お返しが遅くなったことへのお詫びを伝えるのがマナーですね。また、お返しに選ぶ品物ですが、高額な品物を購入したもらったからと言って、当初より予算がオーバーした金額を現金で包んでお返しするのはタブーです。入学内祝いでは現金のお返しがNG。その他、日本茶や肌着、靴下など身に着ける衣類も避けるようにするのが常識ですから注意しましょう。もしまとまった金額で入学内祝い用意せざるを得ない場合にはカタログギフトを贈ってはいかがでしょうか?カタログギフトならかなり高額な2万、3万のものもあり、中にはギフト券や旅行券と交換できるカタログもあります。一度ご検討くださいね。

実両親への入学内祝いに最適な相場・品物

実両親への入学内祝いに最適な相場・品物

実両親からいただいた入学祝い。お返しに入学内祝いを用意しようと考えているけれど、どのくらいの金額で一般的にはお返しを用意しているのか知りたいということありますね。そこで、入学内祝いの相場について調べてみました。まず入学内祝いは用意すべきかどうかですが、マナー上お返しはなくても構わないそうです。この点が、結婚祝いや出産祝いとは異なるポイントですね。また、お返しを用意する場合ですが、実両親や義両親など自分たち夫婦より年長者に対するお返しはいただいたお祝い金額の3分の1程度が相場。その他、自分たち夫婦より年下の兄弟姉妹や従妹などからいただいた場合には半返しが相場であるようですね。内祝いの品物選びでは、気をつけたいポイントは少なく、日本茶や櫛など慶事のお返しにはふさわしくないとされる品物を選ばないようにすればOKです。その他、腰から下につける衣類などは”着るものに困っている方へ贈る”と考えられるため避けるべき。相場価格よりも高額な品物を贈るとかえって相手に気を遣わせてしまうのでこれも控えるべきでしょう。よく選ばれているのは慶事の内祝いでもはや定番の食べもの、消耗品、カタログギフトです。内祝いの金額が5000円~1万円を超える予算の場合にはカタログギフトを選ぶと品物が多くなりすぎたり重くなりすぎることもなく手持ちでお返しに行く際もラクですよ。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧