祖父・祖母への入学内祝い1

コンテンツ一覧

祖父・祖母への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

祖父・祖母への入学内祝いに贈りたいプレゼントランキング

祖父・祖母への入学内祝いに贈りたいプレゼントをランキングにしてご紹介したいと思います。地域によっても祖父・祖母へ内祝いを贈るかどうかは違ってきますが、贈る場合一番人気なのはカタログギフトです。カタログギフトのよいところは、相手がいま必要なものや欲しかったものを自由に選べるという点にあります。それから、細かい金額設定をすることができるのでその点も非常に便利で双方にとってよい贈り物であると言えます。2番目に人気があるプレゼントは、商品券やギフト券です。こちらもカタログギフト同様、相手に好きなものを選んで役立ててもらえるプレゼントとして非常に人気があります。カタログギフトが出る前は1番人気があった商品でもあり、用途も幅広いので喜ばれます。それからランキング外ではありますが人気があるプレゼントは、孫に関するものや一緒に食事などを楽しむ時間のプレゼントです。遠方であれば、入学式の写真やビデオを撮影して送ってあげたり、近くであれば簡単にお祝いの場をもうけてみんなで過ごし、新しい制服姿やランドセル姿など一つ成長した姿を見せてあげるというのが祖父・祖母にとっては嬉しいプレゼントとなっています。入学内祝いは、物をお返しするという方法以外にも、成長した孫の姿を映像にまとめたり、披露したりすることでも喜ばれます。内祝いは贈らない地域も多いようなので、こうした方法も参考にして下さい。

祖父・祖母への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

祖父・祖母への入学内祝いギフトに関するマナー・常識

祖父・祖母への入学内祝いに関するマナーや常識は、その地域によってかなりの違いがあるようです。入学内祝いの習慣がある地域に関してのマナーとしては、お返しの品は頂いたお祝いの3分の1返しから半返しが基本です。あまり高額なお返しをしてしまうと、孫のためにお祝いをあげたのにと遠慮されてしまう場合や、使い道が違うなどとお叱りを受けてしまう場合もありますので注意するようにしましょう。また、高額のお祝いを頂いた場合は3分の1から半返しのルールにのっとる必要はなく、最高でも1万円前後でお返しをしましょう。高額のお祝いは、それだけ祖父・祖母が孫のためにお金を使ってほしいという思いが強いとありがたく受け取り、豪華なお返しにする必要は基本的にはありません。金額設定が難しい場合はカタログギフトを利用して入学内祝いとしてお返しを贈りましょう。そして、カタログギフト等の内祝いを贈る際には、入学式が済んでから1ヵ月以内に贈るようにしましょう。その際、近くの祖父母へのお礼は子供を連れてお礼にいくと喜ばれます。遠方の祖父母へは、子どもにお礼の手紙を書かせたり、ビデオレターや写真などを添えて内祝いの品を一緒に贈るようにしましょう。

祖父・祖母への入学内祝いに最適な相場・品物

祖父・祖母への入学内祝いに最適な相場・品物

祖父・祖母への入学内祝いに最適な相場は、頂いたお祝いの3分の1から半返しが基本です。よく贈られている品物は、カタログギフトや商品券、ギフト券など相手が選んで使えるものが選ばれている傾向にあります。もちろん、お祝いを頂いた祖父・祖母への入学内祝いはカタログギフト等のきちんとしたお返しをするという気持ちは大切なことですが、それ以上に大切なことは孫の成長を楽しみにしているということです。例えとても素敵な入学内祝いを用意して贈ったとしても、それだけでは祖父母には物足りないということです。孫の顔を直接見せに行ったり、遠方であればビデオや写真を送ったり、孫からの手紙を添えたり、そういった孫の成長を感じさせてくれる何かを一緒に送ってあげて初めてお返しとして成立するのかもしれません。入学内祝いの相場をきちんと抑えておきつつ、孫の成長というお返しを一緒に送ってあげると祖父母にとっては何よりの内祝いになるでしょう。また、頂いたお祝いで何かを購入した場合はそれを報告したり、写真を撮ったりするのもとても喜ばれます。祖父母への入学内祝いに限ることではありますが、最適な相場や品物は値段ではなく、孫の姿という方も多いのではないかと考えられます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧